怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

スポンサードリンク

××厨の一言

幽霊ではないですが、怖かった話をします。


私が小学六年生の頃、教室ではあるプロジェクトが流行っていました。


(名前は伏せますが)私の友達も小説や
漫画本を持っていて、私だけ持っていなかったんです...。

そこで親友のAちゃんとアニメイトに行き、そのアニメを見せてもらいました。

すごく面白くて私も夢中になりました。
Aちゃんは私を家に招いて、キャラの事
アンソロジーの事や動画を見せてくれました。
私もそれがほしくて何回か店に行き、
CDを買いました。
スマホも買おうとしましたが、お金はなく...
とりあえず、漫画と小説だけを揃えて、物語に夢中になってました。

ある日Aちゃんはこう言いました

「私ちゃん、もうすぐこれね、終わっちゃうの。どうすればいい?」
なんのことだろうと思いましたが、あれの事だなと思いました。

「終わっちゃうの?それは悲しいね」

私が云うとAちゃんは、終わるだけで過ごすのは可笑しい。私ちゃんなんて嫌いだと言いました。

「え、まってよ」
だけどAちゃんは続けました。

「私、あれに尽くしてきんだよ?終わるはずがないの」
私がAちゃん?と問うても答はありません。

八月十五日にトラックにひかれたい。そんな死に方したいな」
それを聞いて怖くなり、Aちゃんとは絶交しました。


...あれから二年が過ぎてAちゃんの顔も忘れかけた時の事
Aちゃんが現れたのです。

朝ごはんを食べている、
ちょうど八月十六日の朝でした。

兄がチャンネルを変えたのか、ふっと画面が切り替わり、あのAちゃんが写真で出てきました。


死んだって。

八月十五日の昼頃、トラックにはねられたって。頭を強く打ち、死んだって...

Aちゃん、カゲロウデイズに行けなかったね...
私は啼いて、その日は学校に行きませんでした。ごめんね、止められなくて
Aちゃんにとってあれは神だったのかもしれません。でも私は、Aちゃんを助けたかった。



今でもAちゃんの事を後悔しています。

拙い文ですみません、お読みいただき、ありがとうございました。


投稿者: アカネ

赤ちゃんの神様

友人の中村は、6年前の9月初め、都内で同窓会をやった。

中村は酒が苦手で一滴も飲めないが、アルコールが入らなくてもお調子者になれるので、楽しい一時を過ごし、終電に乗って気持ちよく帰ってきた。

電車から降りると、めまいがした。
自転車で駅まで来ていたが、はしゃぎ過ぎたと思いながら、自転車を押して歩いて帰ることにした。

改札を出た時から辺りに人はいなかった。タクシーさえとまっていない。
夜の町を貸し切ったようで嬉しかったという。

深夜ともなるとシャッターは全店閉まっている田舎の駅前商店街。コンビニも商店街から一キロ程歩かないとない。
人気はないが街灯は結構あり、明るかった。

そこを抜けた時、赤信号で待っていると後ろに気配を感じた。

(あぁ、人、来ちゃったかぁ…。)

貸し切りタイム終了に少しがっかりしながら、青信号になった横断歩道を渡る。

後ろにいた人が歩き出す気配がしないので、横断歩道半ばで軽く振り返った。

信号待ちしていた場所に、裸というか全身ピンクで、毛のないチンパンジーみたいなものが立っていた。

驚いた中村は逃げるように歩道の向こうに走り終え、やっと気付いた。信号待ちしていたのに、車やバイクさえ走っていない異様さに。

嫌いな奴でも誰でもいいから現れて!と、近くの民家に走ると、中村の手がグッと後ろから掴まれた。
追いかけてきた!と思い、腰を抜かして目を瞑るしかできなかった。

すると手が離される。

何かが中村の膝に乗った気がした。反射的に目を開け、それを見る。

先程の毛のないチンパンジーが、しゃがんで顎を中村の膝に乗っけていた。

蹴り飛ばしたかったが、不思議なことにその気が抜けた。
不気味な鶏ササミのような体をしたチンパンジーなのに、目を合わせていると何故か愛しいような気持ちになった。

そのまま眠りに落ちた中村は病院で目覚めた。
逃げ込もうとした民家の室内犬がずっと吠えていたらしく、そこの家人が発見して救急車や警察を呼んでくれたらしい。
中村は下半身から血を流して倒れていたそうだ。
本人も気づいていなかったようだが、妊娠していたらしく、診察してみると血が結構出ていたらしいが、胎児はまだ生きているという。
胎児の父親はわかっていて、期待は持てそうになかったが、堕胎を選ばず、シングルマザーになることを迷わなかった。



「そのチンパンジーみたいなやつのオチは?」

そう聞くと中村は言った。

「きっとあれよっ!赤ちゃんの神様じゃない?入院とか色々大変だったけど、無事に産まれたし、うちの子風邪もひかないし~。」


正体なんてわからない。
聞いた側は不気味な絵面しか思い浮かばないけれど、それを見た中村が言うのだから、もしかしたら神様だったのかもしれない。


投稿者: モヤモヤもやん

神社の砂

京都の港のある市での話し。
地元のお城の資料にも名前が載っている古くからの名士の家がある
50年程前にその家に不思議なことが起こった。
ある朝、その家の末っ子が朝御飯に起きてこないので家族が起こしに行くと、すごく眠いと言って、そのまま布団に倒れた後、昏睡状態に。
一週間経っても意識が戻らないので、生存をあきらめた家族が葬式の準備をはじめなければと忙しくなった。
そんななか、物乞いの人が訪ねてきた。

当時でも、食べ物がたくさんあって分けてくれる家のことは、食うに困った人達のネットワークがあったらしく、その家にもそんな人達がちょいちょい訪ねてきていた。

我が子が死ぬかもしれない時だが、その家の奥さんはそれでも、おにぎりやつけ物など簡単なものを物乞いの人に持たせてあげた。

すると小一時間経ってから、先程と同じ物乞いの人がやって来て、この家の大黒柱に何か刺さっていて悲鳴をあげている。その悲鳴が悪いものをたくさん呼んでいる。
抜いて、これを柱のまわりに撒いてください。と、布に包まれたものを奥さんに渡した。
中身を聞くと、近くの神社の砂だと言ったとか。

悪いものを呼んでいると言われ、奥さんはとりあえず大黒柱を見てみると、釘が刺さっていた。
家族に聞くと、ちょっと前に鞄を引っ掛けとくのにいいかと、その家の長男が釘を打ったらしい。
物乞いの人に言われた通り、その釘を抜いて、砂を撒いてみた。
すると、昏睡状態だった末っ子が意識を取り戻したと病院に付き添っていた旦那さんが帰ってきた。

大黒柱が悪いものを呼んでしまっていたのかと、半信半疑ながらも撒いた砂を片付けずにいたが、末っ子が家に戻ってきた頃には砂はきれいに無くなっていて、誰が片付けたのかはわからなかった。

それから数十年、物乞いの人に親切にした奥さんが変死。通夜の折り、かつて食べ物を分けてもらった人達が大勢でお悔やみに来た。
その際、一人の老人が
「残念です、持って帰ります。」

と親族に言ったので、お悔やみ早々香典返しか!と思うと、老人はそれを断る。そして手拭いを出して、そこに包まれた砂を見せ、
「この通り、持って行きます。」
と、帰っていった。

家人ははじめ、なんだかわからなかったらしいが、それを境にしたようにその家では病気、死亡が続出。
昔、末っ子が命を持っていかれそうになったことと関係があるかもと、大黒柱を清め、祈祷し、あちこちの神社の砂を撒いてみたりと、色々手は尽くしたが悪い流れが止まらない。
当時助かった末っ子もその後、早逝。奥さんの子供たち6人中、現在は釘を打った長男と、他県に嫁いだ長女家族が生き残っているのみだ。



投稿者:モヤモヤもやん

コイツはちゃんと友達だった


あまり怖くないかもしれませんが、出来る限りわかりやすく書けるように頑張ります。


これは霊感の強いHちゃんとラーメンを食べに行った時の話です。

運転をしてたのは私で、Hちゃんは助手席に乗ってました。そしてお互いにくだらない話をして楽しんでました。

ラーメンを食べて帰る時に、Hちゃんにこのサイトの話をしました。


その時に話したのは有名な部類の話『俺たち友達だよな?』だったと思います。

その話をするとHちゃんにコンビニに寄るように言われてコンビニに寄りました。

Hちゃんは何も持たずに車から降りるとコンビニの中に入っていきました。


私は寒かったから車の中にいたのですが、妙に左の足首と二の腕が冷たくて冷え症かな?とか思いながら、たまに店内からコッチを見てくるHちゃんを観察してました。

あと、最初に車に乗った時から気になっていた事がありました。

何故かずっと後頭部の髪2〜3本をピンッピンッて引っ張られる感覚があり、アホ毛にしても風もないのになんでだろ?って思ってました。


Hちゃんが戻って来ると一言だけ言いました。


『で、どうだった?』


意味不明過ぎて理解出来ませんでした。


『その話の人は両足を白い手に掴まれて、みんなが逃げて戻ったら死んでたんでしょ?...でも、正直戻る方が怖いよねw』


その言葉で理解出来た気がしました。


『これ、足首と二の腕からくる冷え症じゃないの?』

『足首を掴んでいるのは髪が傷んだ三十代前半くらいの女の人。二の腕は黒髪でショートの目を見開いた女の人が掴んでる。指細くて羨ましい。あと三十代後半くらいの男の人がお前の頭に肘置いてる』


そんな状況の友達を見て笑ってるHちゃんは看護師目指してるだけあってメンタルが強いと思いました。


『この車、何人幽霊乗ってるの?』
『女性3人、男性3人』
『...それって』

『全部お前の背後霊。あ、1人は守護霊だよ』

『背後霊ってそんなに憑くの?』
『憑いてるじゃん。よく普通に生活できるね』


幽霊は信じるけど、そんな事をいきなり言われてもハッキリ見えないから信じられないのが本当のところです。

でも、言えることはHちゃんを家に送ったら自分は1人でこの車を運転するから凄く怖いって事ですね。


あと、怖かったのは『足首、3年くらい前からずっとその人に掴まれてるよ。何回祓っても戻ってきちゃう人だし』って言われた時でした。


投稿者:みけ

神隠しの女

やぁどうも、はじめまして。
少し前に体験した、少し不思議な話をさせていただきます。
最初に言っておきますが、私は自分に霊感なんてちっともないと思ってますよ。

まぁ、事実はどうでもいいとして、私の近所には神社があるんです。
その神社は子供の神様を祀っていて、私は雰囲気が好きなのでなんとなく、ふらーっと寄っていくことがあるんです。
で、その日もその日で神社に寄ると、なんとなく違和感がありまして、不思議に思っていたんです。
そしたらいきなり頭が痛くなって、こう、ぐわんぐわんと。
しばらく長い階段に座って休んでいたら、気付かぬうちにもう夕日が出てるんです。
急いで帰らなきゃと立ち上がると、不思議なことに神社から出たくないと思いまして…
オカルトオタクの私は、これは危ない、引き寄せられてる?とは思いながらも、帰りたくないという意思には逆らえずに神社にとどまることにしたんです。
暇なのですが、ひとり遊びは得意なもので木の枝を振りまわしたり、神社の掃除なんかをしていたんです。
神社はそこそこ大きいもので、当然、そんなことしていたら暗くもなります。
なのに、時間を忘れて楽しんでたんです。
それで、子供が夜に神社にいれば、誰でも「あれ?」と思って、声をかけたりチラチラ見たりしますよね。
通る人、誰もこちらを見ないんです。
横を通ってもこちらを見ずに素通りしたり、まるでいないかのように。
私は気のせいかなと思いましたが、一応人に話しかけてみますけど、誰もこちらを見ない。まるで聞こえてないみたいで。
いよいよ本当にやばいな、と思いつつも楽しんでいたので、大声で下ネタを叫んだりアホな事をしました。
すると、急に体がふわっとして、気持ち悪くて声が出せなくなったんです。
まるで浮いてるみたいで、気分が悪かったです。
どんどん上にのぼっていくような気がして、必死にもがいて自分の頭をゴンッ!と殴ると、耳元で異様な叫び声がしました。
鼓膜が破けそうなほどの声量で、女がなにか叫んでいるんです。
よく聞き取れなかったんですけども、「おあああがががががばばばばばばばざががねばばばば」とか言ってて、最後の方は、はっきり「死ね」って言ってたんですよ。
なんだかカチンときて、「なんで俺が死なにゃあかんのだ!まだ死にゃあ早すぎるだろ、たわけ!」と頭の中で叫ぶと、体が元に戻りました。
その頃には早く帰りたいな、お腹がすいたな、と思っていて、ふと空を見ると綺麗なまんまるい月がありました。
面白いことがあったと、少しルンルンな気分で家に帰ってあの叫び声なんだろな、と思って考えたら、お前が死ねば、とか言ってたのかなぁ?と急にそんな考えが浮かんできました。
これでこの話は終わりです。神隠しかどうかはわからないし、女がやったものかどうかもわからないんですけどね。
ネタと思って読んでくださってもかまいません、私も創作物のような体験だな、と思っています。


投稿者:唐傘提灯

神頼み【投稿、意味怖】

今日、すごくむかつく事があった。
俺は祖父の仏壇のある部屋に行ってから祖父の写真を見ながら言った。
「聞いてよじいちゃん、今日、クラスの暴君、中山が俺を虐めたんだ。あいつ、死ねばいいのに」
言ったらちょっとスッキリして、俺はリビングに戻った。

翌日、中山は死んでいた。
どうやら、交通事故だったらしい。

今日も、すごくむかつく事があった。
俺は祖父の仏壇に向かって言った。
「聞いてくれよ、じいちゃん。今日さぁ、友達だと思ってた橋本が俺の給食のプリンを無理やり取ってきやがったんだ。あいつ、死ねばいいのに」

翌日、橋本は死んでいた。
どうやら、放火にあったらしい。

すごい!この力は本物だ!じいちゃんの魂が、天罰を下してるんだ!俺にはもう、怖いものは何も無い!

それから俺は、気に入らないやつを全員殺した。
俺のことを小馬鹿にした教師、俺にカツアゲしてきた不良、いじめっ子、必死に告白した俺のことを馬鹿にしてフった女、体育のサッカーで俺を役立たずって言ったクラスの委員長。
ああ、凄く嬉しい!
俺に逆らうものは、全員殺してやる!

今日も、すごいむかつく事があった。
俺は祖父の仏壇に向かって言った。
「聞いて、じいちゃん。あのクソババアの母ちゃん、俺に宿題しろ宿題しろってうるせーんだ。殺してよ、じいちゃん」

リビングに戻ると、母は首を吊って死んでいた。

投稿者:田中太郎














──解説──
今まで主人公の気に入らないやつを殺していたのは、母親。
母親は主人公の愚痴を聞いて、自殺した

二階がうるさい


大分前に、霊視の結果という話を上げたものです。
家中になんとも言えない気配がして気になるので霊視をしたら、見知らぬ女がさまよっていたらしいという話です。(霊視の結果)


最近変な物音がするようになってしまいました。

まず、誰もいない二階から足音らしきものや、ドンッとジャンプするような物音がします。窓を閉めていて風も入らないはずなのに二階のドアが閉まる音が聞こえてきます。
家族が全員一階にいる時に、こんなふうに二階がガヤつきます。

逆に二階で皆が寝る時になると、今度は一階でガタンっと何かが落ちる音がします。子供たちはそれを怖がります。

決定的なのは、数日前の就寝中に、天井にドスンっと何かが飛び降りるような音がした事です。
これは私は熟睡していて、寝かかっていた旦那が聞いて驚いたようです。

家はまだ新しくどこにも隙間がないので、イタチやハクビシンなどの動物は入れないと思います。ペットも飼ってはいません。

それと、某地域にボランティアに行って帰ってくると、夜間誰もいない洗面台のドライヤーが勝手に作動しました。

全て気のせい機械の不具合と言えると思いますが、特に二階での物音が頻繁でどうも気になります。
何かが段々調子に乗ってきているような気がして、音がするたびに二階に向かってうるさいぞー!と一喝してます。怖くないふりをしながらですが。


書くと怖くなくてすみません。
完全に気のせいだし、むしろ気にしたらかえってだめですよね。

どなたか同じような方や対処法などご存知でしたら教えてください。
怖い話なのにスレ違いでごめんなさい。


投稿者:名無し

工場からのお土産

先日、『事故物件?に住み始めた友達』を書いた者です。


私は社会人で、今年で3年目になるのですが、これは入社した年にあった出来事です。

とある煎餅工場に就職した私は運良く知り合いの先輩がいるラインに配属になりました。

でも、そのラインの他の先輩2人は…なんて言うか…陰湿なんですよ。新人イジメ?って言うんですかね。

裏で悪口言われたり、自分だけ仲間外れにされたり…ボーナスの明細貰う日は職長のみが伝えられるのに何も言われなかった時は煎餅を投げつけたい気分になりました。


そんなストレスを抱えながらも辞めたら負けたみたいで腹が立つと、謎の対抗心を燃やして休まずに毎日職場に行きました。

ストレスのせいで体調不良が続いていたのですが、そんなある日、普段やらない商品をやる事になりました。

その商品は久助(煎餅のカケやコワレ)を置く場所が違うみたいなので、仲の良かった先輩に場所を案内して貰いました。


ついた先にはオレンジ色のカーテンで仕切られた久助置き場がありました。その久助置き場は昔は機械があって動いたいた場所みたいなのですが、新しく大きい工場を作った事により機械を移動させたので、そこは使われなくなり物置状態になった場所です。

それは私が入社する何年か前の出来事で私が知るわけもなく、でもそのカーテンの向こう側は行きたくないと直感的に思いました。


しかし、仕事なのでそんなわがままも言えずにカーテンの向こう側に先輩と入りました。

その瞬間にゾワゾワってして全身に鳥肌が立ちました。そして先輩と私以外には誰もいないのに明らかに視線を感じました。


説明が終わってラインに戻り作業をし始めたのですが、その商品の生産が終わり、出た久助をさっきの場所に置いてくるように言われました。

私は久助の入ったケースを台車に乗せてさっきの場所に持っていきました。

その瞬間に「ヤバイ。近くにいる!」って感じました。それと同時に頭を殴られたような頭痛と吐き気を感じました。


ココにいちゃいけないと思って私は急いで自分のラインに戻ったのですが、頭痛も吐き気も一向に収まらなかったのです。

それでも早退せずに働き続ける負けず嫌いな私は死にそうになりながら終わりの時間まで働いて帰りました。


帰り道にコンビニに寄ってキャラメルラテを購入して飲みながら車を運転していたのですが、正直まだ体調が悪いままでした。


ストレスは関係ないか…とか考えながら赤信号で止まってふとルームミラーを見ました。

そこには前髪を右わけにした髪の長いとても綺麗な女の人が映っていました。

その女の人はミラー越しに私と目を合わせてます。瞬きを一回もしないで。

しかもその人後部座席の真ん中に座ってるんですよ。メチャクチャ距離が近いんですよ。

ここで私には二つの考えが思いつきました。

一つはこの女の人が生きた人間である。
もう一つはこの女の人が幽霊である。


正直、どちらも怖いです。

私の乗っている車はジムニーで後ろにドアがないのですが、生きた人間である場合は運転席か助手席を前に出さなくてはいけないし、そもそも乗った時に気づきますよね。

そして幽霊である場合は純粋に怖いです。


信号が青になったから走り出したものの…メチャクチャ怖いわけですよ。

そしてまた赤信号で止まったので確認する為に後ろを見ました。が、誰もいないんですよ。

ミラーを見ると映っていて、後ろを見るといないってのを3回くらいやって…怖くなったし、信号変わったしでとりあえず頼れるHちゃんに相談することにしました。

さすがに霊障ヤバイ人を家に連れ帰りたくはないので、コンビニに寄ってHちゃんにラインしました。


すると「え?パパとスーパーでお買い物なぅ」って返ってきて絶望しました。

今回のはヤバイって送ったら「待っててー」って返ってきたから神かと思いました。


そしてその後にHちゃんのパパさんに見てもらったんですが…親子って凄いですね。

Hちゃんが最初に来て私を見て「うわっ!」って言ってその後にパパさんが来て「おわっ!」って言ってて遺伝子すごいって思いましたね。


そして祓ってもらって、私も車も塩まみれになりました。


パパさんには「近かったねぇ。でもね、あの人はただ乗ってただけだから!」って言われました。

霊を見慣れてる人には分からないかもしれないですが、バスでもタクシーでもない私の所有車に知らない人が乗っているって状況が怖いんだよっ!って半ギレしそうになったのは言うまでもないです。


1年後に会社でまた変なのを見る事になるとはこの時、思ってもいなかったですね。



読んで頂きありがとうございました!

投稿者:みけ

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索