怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

スポンサードリンク

波長


先日クネクネもどきを投稿させて頂きました、イギーです。

賛否両論のコメントをありがとうございます。
そのような障害があることが分かり、勉強になりました。
ありがとうございます。

批判コメントに鍛えられ次回は面白い話を期待する。とコメントを頂きましたので、懲りずに投稿させて頂きます。

ただ命の危機を感じるほどの体験は一回しかないので、怖い話しか投稿してはならない。との事でしたら体験談はあるが、怖くはないのでコメントを参考に今後投下するか決めたいと思います。
続きを読む

幽霊騒ぎ


一年ほど前に起きたこと。

俺の学校は全寮制なんだけどさ、寮の一番端の部屋でよく幽霊騒ぎがあったんだよね。
俺は反対側の端っこの部屋だから、そこの部屋に行く機会はなくて直接見たこと無かったんだけど、
軍服を着た人が、その部屋の更に一番端のベッドの上でいつも踞っていたらしい。
害はなかったんだけど、あまり霊感の強くない人にも見えてしまっていたらしく、皆気味悪がっていた。

ちなみに俺の学校は元々旧軍の跡地で、工事で穴を掘れば変なものがよく出てきていたらしい。
続きを読む

ティッシュ箱


子供の頃、留守番してて、ジュースこぼしてしまった。
それをティッシュで拭いてたら丁度無くなって、何気に空の箱を覗いてみた。
なんと外灯に照らされた夜道が見えた。
風が箱から吹き上げてくるほど強かった。
ためしに4本指を入れてみると、ちゃんと風の感触がした。
なんじゃこりゃおもしれー、と一人はしゃいでいたとき、突っ込んでいた指にべちゃっという感触が走った。
慌てて指を引き抜いた。緑色のスライムみたいなのが手にくっついてた。
続きを読む

花火事件


レッカーの仕事、スーパーエースの話⑫です。前回の廃屋の話のコメントで、佐藤君の昔の友達という方から連絡がありました。山内さんという方なのですが、色々とあり直接話をさせていただけたので、コメントで少し口走っていた花火事件の話を書きたいと思います。
それと、コメントなんですが、一応全部読んでいます。で、自分で言い出していて申し訳ないのですが、止めた方がいいという声も多くなってきたのと、管理人さんへの非難も出てしまったので(管理人さんに迷惑をかけない投稿者を守りたいので)、しばらく質問を止めたいと思います。
もし、待望論が多いならまた考えますが、取り敢えず一旦終了で。
続きを読む

花見



現在高校生の男子です
生まれも育ちも名古屋なんですがタイトルの通り小さい頃ある大きな公園に家族といとこ家族ろ花見に行きました。
僕自身はまだ3~4歳の頃なのでその花見のこと自体覚えていないのですが花見の途中急に僕が。桜に向かって話しかけているというのです。親が不思議に思って「お前は誰と喋ってるんだw」と聞いた時「あそこに女の子がいるー」と答えたらしいんです。親は酒が入っていたこともあるせいか「こいつ少し変わってるなw」くらいにしか思わなかったらしいです。
続きを読む

気になる絵画


んじゃ、一つ俺の体験談をば。

秋口の頃だったか、俺の勤めてる会社の社長の菩提寺が、建物の一部を修復するとかで、
俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行かされたことがあった。
……本来は休日である土曜日に、だw
ご本尊の裏にある位牌やらなんやらを、丁寧に梱包して箱詰めしていたまでは良かったんだが、
なんか妙に気になる物があるのね。
あからさまに額縁入りの絵画なんだけど、布被せてあるのよ。それも複数枚。
黙ってスルーしてれば良かったんだろうけど、やっぱり気になる。
続きを読む

アナザーディメンション


前半

これは私(♂)が予備校生の頃、今から25年ほど前の実体験です。
当時、札幌で築50数年のオンボロアパート(風呂なし、トイレ・玄関共有)で一人暮らしをしていた。
(家賃は25,000円弱、水道光熱費込み)
現在は取り壊され、小洒落たマンションに建て替えられている。

私は高校生の頃から、月に何回か金縛りに遭っていたが、ここで一人暮らしを始めてからは
ほぼ毎日遭った。
続きを読む

飛び込み営業


昔、今とは別の仕事してた頃の事。
その日はいつもいる支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図片手に歩いて飛び込みの営業の仕事だった。
目的のエリアに着いて「さて行くか」と歩き始めてしばらくすると、地図では黒く塗り潰されていた1軒の近くで足が止まった。
「…あれ?誰かいる…?」

そこは古びた一軒家で、カーテンで中はわからないはずなのに、なぜか『いる』と確信。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索