怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

スポンサードリンク

缶けり

もう十年以上前に、大学のクラブで合宿に行ったとき、 
同級のSが「あまり話したくない」と言いつつ、不思議な話をしてくれた。 

Sが小学生だった時、友達7人と近所の公園で缶けりをして遊んでいた。 
Sともう一人の友達はすぐに鬼に見つかってしまい、鬼と一緒に他の子を探していた。
その公園には本物の古い機関車が置いてあったんだが、その陰にN君が隠れているのを鬼が見つけた。
続きを読む

部屋の話

5年前の秋、まだ学生だった俺は、ちょっと古めのマンションに引っ越したんです。
なんとなく公団住宅みたいな感じで、間取りのワリに値段も安かった。
日当たりは良くなかったけど、部屋の中はけっこう綺麗だったし、俺は満足してました。
ただ、ちょっと変というか、妙なことがありました。
時々、電話の音がするんです。「プー プー プー 」ていう、相手が電話中みたいな音。
最初は、ウチの電話かな?と思ったんですが、受話器は外れてないし、スピーカーからもそんな音は聞こえません。
続きを読む

地下鉄工事

建築現場話なんだけど・・・ 

俺の勤める会社が地下鉄工事を請け負った。
工事が始まって直ぐに・・・出て来る出て来る、もう人骨だらけ! 
ニュースにもなって、工事は一時中断して調査が始まったんだけど。
工事をしている場所は、戦前お寺ばかりで墓がそこらじゅうにあったらしい。
まあ、数週間後に工事が再開されたんだけど・・・。
続きを読む

もうひとり

土地の古老って言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。
土地の昔話や、(年齢がばれますが)
若いみなさんは聞いたこともないだろう、『日露戦争従軍記』なんてものまで語ってもらったりもしました。
当時で90はいってたんではないでしょうか。
いわゆる『ぼけ』もなく矍鑠としていて、とにかくいろいろな話を聞かせてもらいました。
これもそのひとつです。
続きを読む

ムサカリ

俺は今は大きなデザイン事務所に勤めてるんだけど、 
専門学校を出てしばらくは、学校から勧められた冠婚葬祭会社で写真加工のバイトをしていた。 
葬式の場合は遺影用としてスナップから顔をスキャンしてスーツ姿にしたり、 
結婚写真の場合は全体的な修正などの仕事が多かった。
あとは写真に関係ない細々した雑用。 
続きを読む

病院に運ばれた記憶

私は子供のころ雷に打たれたことがあります。 
左腕と両足にやけどを負いましたが、幸いにも大やけどではなく、
現在は左腕と左足の指先にかすかにやけどの跡が残っているくらいに回復しました。 
よく雷に打たれた人が不思議な力を持つようになったとか、特別な能力に目覚めたとか、そういう話を聞きますが、
残念ながら私にはそういう覚醒みたいなことはありませんでした。 
続きを読む

写真の中の男の子


小学校5年生頃、当時熱帯魚を買うことがマイブームになっていた、
隣の市に良い熱帯魚店があるとの話を同級生のお兄さん(中学2年)に聞き
そのお兄さんと隣の市の熱帯魚店に自転車で向かうことにした。
2時間くらいかけて熱帯魚店に到着し珍しい熱帯魚を物色し店の外も暗くなって
来た事だし帰ることにした。外は黄昏時早く帰らないと真っ暗になってしまう思いもあり、来た道とは違う通り抜けが出来そうな道を通って帰ることにした、
続きを読む

257号室で見た夢の話


夢なので全く怖くないです。
2年前に辞めた会社の話。お時間ある方だけ読んで頂けたらと。語彙力と文章力に乏しいので長文になります。申し訳ないです。

18年に高校を卒業し就職が決まっていた京都の会社の社員寮、藤森駅を出てすぐの場所に3月の下旬から住むことになった。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索