怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

スポンサードリンク


怖い話ってのは、人それぞれ感じ方が違うんで難しい。

なので、“怖かった話”をひとつ…。


幼かった頃、確か5~6才くらいの1970年代後半。真夏の夕刻、外は薄暗くなりかけていた。
続きを読む

呪いの石


再び投稿します。また自衛隊のときの話しになりますが、私の入っていた教育隊の本部は元々香川県の教育大隊でしたが、人数が多いので中隊として他県の基地で教育を受けることになっていました。
そのため、野外訓練は香川の善通寺の基地で行うことになります。
これはその善通寺の野外訓練演習場にいったときの話しになります。
続きを読む

半分の男


私が中学生の頃に体験した話です。

中学生の頃友達四人と私で放課後に学校の屋上へ上がる階段に座り喋っていました。

一時間ほど喋っていると私は飽きてきてボーッと友達の話を聞くだけにならました、私は手すり側に座り込み膝に顔を埋めるように座って友達の話に相槌を打っていました、そうすると視界に上がる階段が見えるんです。
続きを読む

黒いくねくね


[白いくねくね]の話はオカ板などでよく聞きますが、[黒いくねくね]の話は聞いたことありますか?

これは私が高卒のあと半年の間だけ自衛隊に入隊してた時に、同じ班の友人Fさんに聞いた話です。まぁ、実際に体験したのはFさんの友人ですけど。
Fさんは私より3つ年上で、自衛隊に入る前は大学に行ってました。そこでAさんと知り合いと仲良くなってから聞いた話です。
続きを読む

子どもの頃の話


私が小学4、5年頃の話です。実話なのであまり怖くないと思いますが良かったら聞いてください。

我が家は昔は2階の8畳・10畳の2間の仕切りの襖を開けて1間として家族全員で一緒に寝ていました。
その頃ちょうど姉が中学に上がったため、一人部屋をもらい、私と妹がその部屋で8時9時に布団に入り、父母はもっと遅くに上がってくるようになっていました。時々一人部屋をもらって間もない姉が寂しいのか退屈なのか、上がってきてしばらく話をして行くことがありました。
続きを読む

病院勤務


こんばんは。
2回目の投稿です。
県南部の総合病院で看護師をして、20年。たくさんの生と死に出会ってきました。

さっきまで歩いていた人が突然亡くなったり、家族を何度説得しても臨終に立ち合おうとせず、1人で亡くなっていく人がいたり、
体中から血を吹き出しながら亡くなる人がいたり、幼い子どもを残し、亡くなる人がいたりとさまざま。
続きを読む

霊視の結果


結婚してからずっとアパートに住んでいたが、子供も大きくなるしと思い、良さそうな土地を見つけ家を建てる事にした。
順調に家は作られていき、あと数日で住み始めるという時、母方の祖父が亡くなった。

タイミングが合い過ぎていて、この家を建てたせいなんじゃないかと自分を責めた。
続きを読む

怪奇現象


この日本で怪奇現象に遭遇する確率が最も高いのは警察官だと思う
まあ警神に守られてんのか知らんが霊障に合ったお巡りさんの話はあんま聞かないけど
俺の親父さんは警官だから怪談いっぱい知ってていろいろ話してくれたんだ
その中のひとつにこんな話がある
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索