怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

スポンサードリンク

神隠しの女

やぁどうも、はじめまして。
少し前に体験した、少し不思議な話をさせていただきます。
最初に言っておきますが、私は自分に霊感なんてちっともないと思ってますよ。

まぁ、事実はどうでもいいとして、私の近所には神社があるんです。
その神社は子供の神様を祀っていて、私は雰囲気が好きなのでなんとなく、ふらーっと寄っていくことがあるんです。
で、その日もその日で神社に寄ると、なんとなく違和感がありまして、不思議に思っていたんです。
そしたらいきなり頭が痛くなって、こう、ぐわんぐわんと。
しばらく長い階段に座って休んでいたら、気付かぬうちにもう夕日が出てるんです。
急いで帰らなきゃと立ち上がると、不思議なことに神社から出たくないと思いまして…
オカルトオタクの私は、これは危ない、引き寄せられてる?とは思いながらも、帰りたくないという意思には逆らえずに神社にとどまることにしたんです。
暇なのですが、ひとり遊びは得意なもので木の枝を振りまわしたり、神社の掃除なんかをしていたんです。
神社はそこそこ大きいもので、当然、そんなことしていたら暗くもなります。
なのに、時間を忘れて楽しんでたんです。
それで、子供が夜に神社にいれば、誰でも「あれ?」と思って、声をかけたりチラチラ見たりしますよね。
通る人、誰もこちらを見ないんです。
横を通ってもこちらを見ずに素通りしたり、まるでいないかのように。
私は気のせいかなと思いましたが、一応人に話しかけてみますけど、誰もこちらを見ない。まるで聞こえてないみたいで。
いよいよ本当にやばいな、と思いつつも楽しんでいたので、大声で下ネタを叫んだりアホな事をしました。
すると、急に体がふわっとして、気持ち悪くて声が出せなくなったんです。
まるで浮いてるみたいで、気分が悪かったです。
どんどん上にのぼっていくような気がして、必死にもがいて自分の頭をゴンッ!と殴ると、耳元で異様な叫び声がしました。
鼓膜が破けそうなほどの声量で、女がなにか叫んでいるんです。
よく聞き取れなかったんですけども、「おあああがががががばばばばばばばざががねばばばば」とか言ってて、最後の方は、はっきり「死ね」って言ってたんですよ。
なんだかカチンときて、「なんで俺が死なにゃあかんのだ!まだ死にゃあ早すぎるだろ、たわけ!」と頭の中で叫ぶと、体が元に戻りました。
その頃には早く帰りたいな、お腹がすいたな、と思っていて、ふと空を見ると綺麗なまんまるい月がありました。
面白いことがあったと、少しルンルンな気分で家に帰ってあの叫び声なんだろな、と思って考えたら、お前が死ねば、とか言ってたのかなぁ?と急にそんな考えが浮かんできました。
これでこの話は終わりです。神隠しかどうかはわからないし、女がやったものかどうかもわからないんですけどね。
ネタと思って読んでくださってもかまいません、私も創作物のような体験だな、と思っています。


投稿者:唐傘提灯

神頼み【投稿、意味怖】

今日、すごくむかつく事があった。
俺は祖父の仏壇のある部屋に行ってから祖父の写真を見ながら言った。
「聞いてよじいちゃん、今日、クラスの暴君、中山が俺を虐めたんだ。あいつ、死ねばいいのに」
言ったらちょっとスッキリして、俺はリビングに戻った。

翌日、中山は死んでいた。
どうやら、交通事故だったらしい。

今日も、すごくむかつく事があった。
俺は祖父の仏壇に向かって言った。
「聞いてくれよ、じいちゃん。今日さぁ、友達だと思ってた橋本が俺の給食のプリンを無理やり取ってきやがったんだ。あいつ、死ねばいいのに」

翌日、橋本は死んでいた。
どうやら、放火にあったらしい。

すごい!この力は本物だ!じいちゃんの魂が、天罰を下してるんだ!俺にはもう、怖いものは何も無い!

それから俺は、気に入らないやつを全員殺した。
俺のことを小馬鹿にした教師、俺にカツアゲしてきた不良、いじめっ子、必死に告白した俺のことを馬鹿にしてフった女、体育のサッカーで俺を役立たずって言ったクラスの委員長。
ああ、凄く嬉しい!
俺に逆らうものは、全員殺してやる!

今日も、すごいむかつく事があった。
俺は祖父の仏壇に向かって言った。
「聞いて、じいちゃん。あのクソババアの母ちゃん、俺に宿題しろ宿題しろってうるせーんだ。殺してよ、じいちゃん」

リビングに戻ると、母は首を吊って死んでいた。

投稿者:田中太郎














──解説──
今まで主人公の気に入らないやつを殺していたのは、母親。
母親は主人公の愚痴を聞いて、自殺した

二階がうるさい


大分前に、霊視の結果という話を上げたものです。
家中になんとも言えない気配がして気になるので霊視をしたら、見知らぬ女がさまよっていたらしいという話です。(霊視の結果)


最近変な物音がするようになってしまいました。

まず、誰もいない二階から足音らしきものや、ドンッとジャンプするような物音がします。窓を閉めていて風も入らないはずなのに二階のドアが閉まる音が聞こえてきます。
家族が全員一階にいる時に、こんなふうに二階がガヤつきます。

逆に二階で皆が寝る時になると、今度は一階でガタンっと何かが落ちる音がします。子供たちはそれを怖がります。

決定的なのは、数日前の就寝中に、天井にドスンっと何かが飛び降りるような音がした事です。
これは私は熟睡していて、寝かかっていた旦那が聞いて驚いたようです。

家はまだ新しくどこにも隙間がないので、イタチやハクビシンなどの動物は入れないと思います。ペットも飼ってはいません。

それと、某地域にボランティアに行って帰ってくると、夜間誰もいない洗面台のドライヤーが勝手に作動しました。

全て気のせい機械の不具合と言えると思いますが、特に二階での物音が頻繁でどうも気になります。
何かが段々調子に乗ってきているような気がして、音がするたびに二階に向かってうるさいぞー!と一喝してます。怖くないふりをしながらですが。


書くと怖くなくてすみません。
完全に気のせいだし、むしろ気にしたらかえってだめですよね。

どなたか同じような方や対処法などご存知でしたら教えてください。
怖い話なのにスレ違いでごめんなさい。


投稿者:名無し

工場からのお土産

先日、『事故物件?に住み始めた友達』を書いた者です。


私は社会人で、今年で3年目になるのですが、これは入社した年にあった出来事です。

とある煎餅工場に就職した私は運良く知り合いの先輩がいるラインに配属になりました。

でも、そのラインの他の先輩2人は…なんて言うか…陰湿なんですよ。新人イジメ?って言うんですかね。

裏で悪口言われたり、自分だけ仲間外れにされたり…ボーナスの明細貰う日は職長のみが伝えられるのに何も言われなかった時は煎餅を投げつけたい気分になりました。


そんなストレスを抱えながらも辞めたら負けたみたいで腹が立つと、謎の対抗心を燃やして休まずに毎日職場に行きました。

ストレスのせいで体調不良が続いていたのですが、そんなある日、普段やらない商品をやる事になりました。

その商品は久助(煎餅のカケやコワレ)を置く場所が違うみたいなので、仲の良かった先輩に場所を案内して貰いました。


ついた先にはオレンジ色のカーテンで仕切られた久助置き場がありました。その久助置き場は昔は機械があって動いたいた場所みたいなのですが、新しく大きい工場を作った事により機械を移動させたので、そこは使われなくなり物置状態になった場所です。

それは私が入社する何年か前の出来事で私が知るわけもなく、でもそのカーテンの向こう側は行きたくないと直感的に思いました。


しかし、仕事なのでそんなわがままも言えずにカーテンの向こう側に先輩と入りました。

その瞬間にゾワゾワってして全身に鳥肌が立ちました。そして先輩と私以外には誰もいないのに明らかに視線を感じました。


説明が終わってラインに戻り作業をし始めたのですが、その商品の生産が終わり、出た久助をさっきの場所に置いてくるように言われました。

私は久助の入ったケースを台車に乗せてさっきの場所に持っていきました。

その瞬間に「ヤバイ。近くにいる!」って感じました。それと同時に頭を殴られたような頭痛と吐き気を感じました。


ココにいちゃいけないと思って私は急いで自分のラインに戻ったのですが、頭痛も吐き気も一向に収まらなかったのです。

それでも早退せずに働き続ける負けず嫌いな私は死にそうになりながら終わりの時間まで働いて帰りました。


帰り道にコンビニに寄ってキャラメルラテを購入して飲みながら車を運転していたのですが、正直まだ体調が悪いままでした。


ストレスは関係ないか…とか考えながら赤信号で止まってふとルームミラーを見ました。

そこには前髪を右わけにした髪の長いとても綺麗な女の人が映っていました。

その女の人はミラー越しに私と目を合わせてます。瞬きを一回もしないで。

しかもその人後部座席の真ん中に座ってるんですよ。メチャクチャ距離が近いんですよ。

ここで私には二つの考えが思いつきました。

一つはこの女の人が生きた人間である。
もう一つはこの女の人が幽霊である。


正直、どちらも怖いです。

私の乗っている車はジムニーで後ろにドアがないのですが、生きた人間である場合は運転席か助手席を前に出さなくてはいけないし、そもそも乗った時に気づきますよね。

そして幽霊である場合は純粋に怖いです。


信号が青になったから走り出したものの…メチャクチャ怖いわけですよ。

そしてまた赤信号で止まったので確認する為に後ろを見ました。が、誰もいないんですよ。

ミラーを見ると映っていて、後ろを見るといないってのを3回くらいやって…怖くなったし、信号変わったしでとりあえず頼れるHちゃんに相談することにしました。

さすがに霊障ヤバイ人を家に連れ帰りたくはないので、コンビニに寄ってHちゃんにラインしました。


すると「え?パパとスーパーでお買い物なぅ」って返ってきて絶望しました。

今回のはヤバイって送ったら「待っててー」って返ってきたから神かと思いました。


そしてその後にHちゃんのパパさんに見てもらったんですが…親子って凄いですね。

Hちゃんが最初に来て私を見て「うわっ!」って言ってその後にパパさんが来て「おわっ!」って言ってて遺伝子すごいって思いましたね。


そして祓ってもらって、私も車も塩まみれになりました。


パパさんには「近かったねぇ。でもね、あの人はただ乗ってただけだから!」って言われました。

霊を見慣れてる人には分からないかもしれないですが、バスでもタクシーでもない私の所有車に知らない人が乗っているって状況が怖いんだよっ!って半ギレしそうになったのは言うまでもないです。


1年後に会社でまた変なのを見る事になるとはこの時、思ってもいなかったですね。



読んで頂きありがとうございました!

投稿者:みけ

親子遠足

随分と昔の話。

俺が小学校三年の時に親子遠足で、学校から徒歩で一時間程の所にある大きなダムへ見学に行った。

昼食は、ダムのすぐ近くにある神社の敷地内で、各々がお母さん等と弁当を食べた。食べ終わったら子供達で探検ごっこをして遊んだ。
続きを読む

悪行の果て

俺は、五年前に結婚してすぐにアパートを借りて嫁と2人で暮らし始めた。

すぐに町内会に入会して、二年目には早くも班長の役が回って来た。回覧板や広報誌などの配布と町内会費の集金などが基本的な毎月の仕事。

厄介なのは集金業務で、いつ伺っても留守の家が数軒あって、中でも一番面倒な家は、Kさん宅だと聞いていた。

続きを読む

事故物件?に住み始めた友達


初めて書くので駄文になってしまうかもしれないですが、上手く伝わるように頑張ります。この話はあまり怖くないかもしれないです。


私には霊感の強い友達がいます。
その子の事はHちゃんとします。

Hちゃんの両親はどちらも霊媒師の資格を持っており、霊を祓うことが出来ます。私もたまにHちゃんのお父さんに祓ってもらったりします。

そしてHちゃんのお姉さんが霊の声が聞こえたり、写真を撮るとよく心霊写真になったりします。
続きを読む

ベランダの女性

僕には霊感がある為、今まで様々な霊体験をして来ました。これから話す内容は、去年の春~夏の間に体験した出来事です。

僕は食品卸売り市場で働いていて、大型トラックで毎晩19時に会社を出発し、港の市場まで仕入れに行き、翌朝7時に帰社するという、いわゆる夜勤のトラックドライバーをやっています。ルートは決まっているので、毎日同じ道を往復しています。

そんなある日、たしか去年の4月頃の真夜中。毎日通る道を走っていると、右手200メートル程先に二建てのアパートが見えてきました。いつもは全く気にせず通過するのですが、その日は何かを感じていました。そしてアパートを通過する瞬間、二階の一室のベランダに女性が立っているのが見えました。

続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索