怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2013年07月

スポンサードリンク

トンネル

トンネルで不思議なできごとに出遭った。
そんな話をよく聞くのだが、実は私にもそんな経験がある。
この時期になると思い出すのだ。
ちょうど冬休みに入った日のこと。小六だった。
続きを読む

階段の足音

昔オレが社会人1年目の頃の話 5階建の団地に1人暮らしをしていた。
周りはとても静かでオレはその場所をとても気に入っていた。
しかし1つ問題があった。
深夜3時頃になると尋常じゃない足音で階段を降りてくるヤツがいた…
続きを読む

診療所でのバイト

数年前、大学生だった俺は先輩の紹介で小さな診療所で宿直のバイトをしていた。
業務は見回り一回と電話番。あとは何をしても自由という、夢のようなバイトだった。
続きを読む

夏祭り

夏祭り
怖くは無いと思いますが不思議だった話をしたいと思います。

それは兄貴の奇妙な行動から3年程たった夏祭りの日に起きました。
続きを読む

古本屋でのこと

古本屋
俺は二年くらい前から小さい古本屋でバイトをしてる。
まさに「古本屋」のイメージ通りの店。
床や柱は黒っぽい木造で、ちょっと暗くて古めかしい感じなんだが
俺が来る前に入口を改装したらしく、そこだけ不自然に自動ドアになってる。
続きを読む

山の穴


時期的にちょうどこれぐらいの時期で
十年以上経つので私の話を投稿します。
長くなるので短いのが好きな方はすみません。
続きを読む

峠の廃村


俺はオフロードバイクでソロツーリングするのが趣味だ。連休には良く一人で遠出する。

今年のお盆休みに九州の南端目指して三泊四日の予定でツーリングに出発した。
続きを読む

ムシリ

私の家系の男は全員、「ムシリ」という妖怪が見えるという。
正確には、思春期ごろに1度だけ会うものらしい。

おじいさんの話だと、夜寝ていると枕元に現れ、家系の男の髪の毛を毟り、食べるのだという。
続きを読む

斑点

全然怖くもない話だが。
俺がまだ中学生だった時、体がいつも痣だらけだから
『斑点』ってあだ名で呼ばれてる女の子がいた。
『斑点』のお父さんが普段から暴力的らしく、
続きを読む

お経

お経
大学時代の話。実話です。

俺が通ってた大学の近くに自殺の名所があった。
林をしばらく入ったところにある滝(以下S滝)だ。
自殺の名所と言っても、景色も良く、街からそんなに遠くないのもあって、
続きを読む

つんぼゆすり


こどものころ伯父がよく話してくれたことです。

僕の家は昔から東京にあったのですが戦時中、本土空爆がはじまるころに
祖母と当時小学生の伯父の二人で田舎の親類を頼って疎開したそうです。
続きを読む

コツ、コツ、コツ

つい先日の事なんだけど、
俺は出張で松江にある某有名チェーンのビジネスホテルにとまったんだ。
その日は取引先との接待でスナックを3件ハシゴしてへべれけ状態でホテルに入ったんだわ。
続きを読む

廃屋でのかくれんぼ

私が幼稚園児の頃の話。

幼稚園の隣りに木造二階建ての廃屋がありました。

当時の私はその建物(隣接大学の旧校舎らしい)が何なのかわからず、
続きを読む

運転室

電車でさ、運転室(車掌室)の部分が連結してる奴有るだろ
あそこに入る奴って結構居るよね、俺もそうなんだけどさ
本読んだりCD聞いたりしても人の迷惑になり難いし、半個室だから落ち着くしね
続きを読む

七五三のときのこと

昔のことなので曖昧なとこも多いけど投下。

こんなことを自分で言うのは何なのだが、私は小さい頃けっこう可愛かった。
今はどうかってのは喪女だということでお察しください。
続きを読む

待ってて

ピザ屋のバイトをしていたN君の話。
注文のピザを届けに行くと、そこは塀に囲まれた、わりと大きな一軒家で
小さな門があり、数メートルほど奥まったところに玄関。
門が開いていたので「ごめんください」と入っていって玄関のチャイムを押した。
すると「はーい、待ってて」という返事。
続きを読む

虚ろな顔

ここって本に載ってた話でもいいのかな?
昔図書館で借りた、心霊体験談を集めたような本だった。

語り手Aの体験談。割と脳内補完している。
高校の頃のクラスメイトにBという男がいた。
続きを読む

ヤマガミ様

俺文才ないし、誤字脱字もありまくるかもしれないが、カバーしてほしい

えっと、俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入ってない。
何故かというと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があってなかなか仏教が定着しなかったから
続きを読む

くねくね?

こないだ飲んだ後、そのまま連れの友達の家に泊まるって話になりました。

で、そいつんちのアパートの前に到着して、一番後ろにいた俺が最後にドア閉める
役割になったんだけど、ふと玄関から外を見ると100mちょっと離れた駐輪場に
飲食店とかにある「のぼり」のようなものが見えました。
続きを読む

母からの電話

怖い話ではないんですが、話させていただきます。

これは、友達から聞いた 一人暮らしの女の子がうつ病になった時に体験した不思議な話 です。その女の子は人間関係が原因で仕事をやめてほとんど引きこもり状態になって 毎日死にたいと思うようになっていたそうです。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索