怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2014年02月

スポンサードリンク

旧家の解体

俺が携わったのは、築100年以上で何世代にもわたって改修工事をしてきたもの。 
古く増改築を繰り返しているので、図面も残っていないし、形は不自然。 
まずは図面を起こすところから始める。 
図面にしてはじめて気が付いた、家の中心部に不自然なデッドスペース。 
続きを読む

ムシャクル様

前職が前職だったので、不思議な話を聞く機会はそれなりにあった。老若男女問わず、「こんなことがあったんだが、なにもしなくて大丈夫か」、「あれはいったいなんだったのか」等を寺にたずねに来る人は多い。 
住職が上手く煙に巻いて安心させて帰らせたり、忙しいときはまともに取り合わなかったりもしていた。それを横で聞いているうち、「不安ってなんだろう」と漠然とした疑問を抱いた。それも、今の学科に入った遠因のひとつにあるのだろう。 
続きを読む

予知夢とデジャブと白昼夢


夢、夢は「見る」「見ない」じゃなくて
「覚えてたか」「覚えてないか」らしいですよね
寝てる時に
脳みそが記憶の処理をしていて起きた時に「覚えてたか」「覚えてないか」
続きを読む

呪いの連鎖


10年程前に経験した事です。

所用ができ、車で隣県へ向かうことになりました。その日は秋晴れで絶好のドライブ日和。早めの昼食を家で済ませ身支度をして出かけようとした時、部屋に置いてあった小さな水晶の勾玉が目に入りました。
続きを読む

狐といえば、


どの本でだったかどうしても思い出せないんだけど、
ずっと前にこんなのを読んだおぼえがある。

戦後しばらくたった頃、地方のある農村での話。
続きを読む

死相


この場をかりて吐き出させて欲しい
自分には死相が見える
人によって死相の見え方が色々あるとネットで知ったのは最近
自分の目に写るものが人には見えないのだと
続きを読む

地厄(じんやく)

ちょっと今から25年前の小学3年生だった頃の話を聞いてくれ 
C村っていう所に住んでたんだけど、Tちゃんっていう同い年の女の子が引っ越してきたんだ。 
凄く明るくて元気一杯な女の子だった 
続きを読む

ズイドウトンネル


高校生の時、眉毛剃ってオールバックってアホだった時、春姉って呼んでた人の竹槍四本出しクラウンに五人でトンネルに行った
続きを読む

見つからない携帯

僧侶をしている者です。
仕事柄色々な方のお別れに立ち会わせていただいております。これと言って怖い思いをしたことはありせんが、不思議な経験をしたことはあります。

数年前のまだ春浅いころ、私の檀家のまだ20代だった息子さんが都会の勤務先で仕事中に突然倒れ病院に搬送されるも治療の甲斐なく亡くなられました。
続きを読む

三つ折れ人形

私の実家に、着物の袖が少し焦げ、右の髪が少し短い、一体の日本人形があった 
桐塑で出来た顔には、ちゃんとガラスの目がはめ込まれていて、その上に丁寧に胡粉の塗られた、唇のぽってりとした、たいへん愛らしい顔の人形だった 
牡丹の花柄をあしらった黒い着物が、よく似合っていて、帯にも本物の金糸が入っていた 
続きを読む

携帯の電波


これは、つい先日友人から聞いた怖いというよりちょっと不思議な話です
聞いた話ですので、足りない部分があったり文章が下手だったりするかもしれませんが、まぁご愛嬌ということで
続きを読む

廃墟と化した病院

オカルト好きな私ですが、実は霊的現象は信じていませんでした。
私の周りに居る「自称霊が見える」人達の話も全く信じていませんでした。
ですが、今では信じています。信じざるを得ないと云うのでしょうか。
丁度1年前の話になります。
続きを読む

自殺した者が行くところ・・・


初めて投稿しますので、文章がわかりずらかったり、稚拙だったりする事、誤字脱字をお許し下さい・・・。
続きを読む

深夜の訪問


マジ怖かった体験談です。 
年末の追い込みで独り残業をしておりました。 
残業規制厳しい折、電灯は自分の席のみに限定され、 
結構広い事務室は私の席を残して後は全部真っ暗の状況。 
続きを読む

無頓着

俺って好きなこと以外にはトコトン無頓着な人間なんだ。 
どれぐらい無頓着かと言うと、黒糖フークレエにかぶりついて 
知らずに張り付いてる紙と一緒に食いちぎり、 
続きを読む

家の敷地にあるお墓


そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。
埼玉県のある地域に住んでいるのですが、
何代も前から住んでいる人たちの間にある習慣があります。
それにまつわるお話です。
続きを読む

さくら池


僕が、小学校の頃のはなし。通学路から少し外れたところにさくら池という、かなり大きい農業用水池があった。
僕たちが住んでいた団地は、さくら池の先にあったから、
下校途中、大きく迂回する通学路をはずれ、そのさくら池のほとりを通る近道を通って帰るのが常だった。
続きを読む

ホテル跡


俺の実体験で忘れようにも忘れられない話があります。

今から4年前の夏。友人のNと二人で車でY県にキャンプに行った。
男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようということで少し山奥にある河原にテントをはった。
続きを読む

鷹ノ巣山の霧


大学2年の6月に不思議な体験をしました。長文で読みにくいと思いますがご容赦下さい。
当時私は、大学の野生生物研究会に入っていました。
研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を行っていました。
続きを読む

おんぶしてあげるよ


実際自分が体験した話ですが、去年、祖父が亡くなりました。
僕は祖父にはよくかわいがってもらいましたが、何の恩返しもできないまま逝ってしまいました。
不思議な体験というのは、その祖父の葬儀のとき起こりました。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索