怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2014年03月

怖いというか、私の身に起こった不思議な話です。

小学1年生の頃、毎晩12時になると、眠っていた私が突然泣き叫びながら部屋中を走り回る、という事が数日続きました。
数分後はパタっと治まり、また眠るという毎日。
その時私の見る夢は、灰色の塊が迫ってくるということだけは覚えています。
続きを読む

私の故郷に伝わっていた『禁后』というものにまつわる話です。
どう読むのかは最後までわかりませんでしたが、私たちの間では『パンドラ』と呼ばれていました。

私が生まれ育った町は、静かでのどかな田舎町でした。
目立った遊び場などもない寂れた町だったのですが、一つだけとても目を引くものがありました。
続きを読む


私が小学生だった時の話。
1学期に一回、クラス内で模擬店をやる時間があった。
小学生にとっては、お店屋さんごっこをさせられる時間でしかなかったが、
他クラスが勉強をしているときに遊んでいる気持ちになれので、私は好きだった。
続きを読む

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、
話せる様になってからはいつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。
正直生きてる者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなかった。
知らないおじさんが玄関から入ってきても誰も気付かず、

続きを読む

こんにちは、管理人の西島です。

これまでこのサイトで扱った怖い話をアンケート、コメント、いいねの数、ツイート数、はてブの数などから順位をつけてランキングを作成いたしました。

もしよかったらご覧になってください。
続きを読む

墓石に混じって地蔵のような奇妙な仏様?か、道祖神?みたいな石が奉られている墓地がある。 
それは墓石の一種らしく、それも奉られてたり、墓石扱いされてたりするんだが、かなり異様。 
そんな奇妙な石が山の斜面をくり抜いたような場所に四体並んでいるのがある。 
ある老婆が教えてくれた。これは自分のご先祖様の墓で、こんな墓石はこの墓地にいくつもある、と。

続きを読む


昔(母が高校生くらいの頃)、母にはAさんという友人がいたそうです。
その人は別に「心霊現象」に合う方ではなく、本当に普通の人だったそうです。
ある日、母とAさんは近くの銭湯へと行きました。現在でもそうですが、
続きを読む

去年の夏の話。ちょっと長くなるけど…

去年、太平洋側の海に友達たちと旅行にいったんだ。
地名とかは言えないけど、海も山もあってとってもいいとこだった。
そこは友達の地元で、実家に皆でお世話になる計画で会社の夏休みを利用して行ったんだ。
続きを読む

数年前、まだ学生だった僕は 24時間営業の、某弁当屋の深夜時間帯(22時~翌6時)でアルバイトをしていました。 
その店舗の目の前は、セレモニーホール、いわば葬儀屋で時々、店にお客さんが入ってくると鳴るピンポーンて音がしても誰もいないとかはありました。 
続きを読む


G県H市のある村に、ある家族が住んでいた。
寝たきりで99歳にもなる祖父、その孫で5歳のA、そしてその両親。
昼間、両親は働きに出ている。
Aはとても好奇心旺盛で家の中を遊びまわっていた。
続きを読む

もう十年くらい前になるんだけど、僕が住んでる市の小学校で
「逆てけてけ」というローカル都市伝説が流行ったことがあります。 
それは、みんなが知ってるテケテケとは全く逆の性質で市内のどこかの踏み切りに夜中雨の降ってる時にだけ現れ、遭遇すると何かがある。というものでした。 
続きを読む


うちの病院のカテーテル室(重症の心臓病患者の処置をする場所)にはもっさんと呼ばれるものがでる 
もっさんは青い水玉模様のパジャマを着ており、 
姿はぼさぼさ頭の中年だったり、若い好青年だったり、痩せた女だったり様々 
共通点は 
続きを読む

15年くらい前、不思議な体験をしました。福井の田舎で高校生の僕は、友人の母親のお通夜に行きました。
崖くずれか何かの急な事故で亡くなったとのことでした。
葬儀場は木造の古い公民館で、息子の学校関係者ばかりが目立つ、寂しい葬儀でした。
会場に入るとき、
続きを読む

恐い話かぁ。1つあるよ。長いからダレちゃうかもだけど。 

俺の友人Aが同人の絵描きさんしてまして、俺はAのアパートへ、たまに遊びに行ってた。 
まあ、俺が行った時はAの為に買い物行って何か買ってきてあげたりして、後はゴロゴロしてるって感じなんだけどね。 

続きを読む


俺がした唯一の怖い話。
3月の春休み中のことなんだが、友達が怪しいバイトの依頼を受けてきた。
バイトの内容というのがかなり妙な内容で、関西にある某政令指定都市で空き家になっている家の片付けをやって欲しいというもので、2泊3日で交通費以外に1人3万円も出すという。
続きを読む

このページのトップヘ