怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2014年05月

映像製作の専門学校がありまして、私はそこで講師の助手のような仕事をしています。 
1年生の授業で、
『カメラを渡され、講師が決めたテーマに沿った映像を、次の授業の日までに撮ってくる』
というものがあるんです。
で、その先生が第一回の授業で課題に出すテーマは、いつも同じだったんですよ。 
『死んだ街』というテーマなんです。 
続きを読む

私は父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。(現在は結婚して、家は出ていますが)
私がまだ母と暮らしていた、17歳の頃の事です。

夜中の3時ぐらいに、ピーーと玄関のチャイムが鳴りました。
丁度その日は母と夜中までおしゃべりをしていて、二人とも起きていました。
続きを読む

もう15年も前の話。

当時俺は小田急線の経堂に住んでてさ、夜中に城山通り沿いのコンビニに、夜食を買いに行った。
自転車で城山通りを走ってて、コンビニの近くのバイク屋の前を通りかかった時、
なんか焦げ臭い匂いがして止まったんだ。
バイク屋はシャッターが閉まってて、中で誰か作業でもしてんのかなと思ったけど、
続きを読む

今はもう廃業していますが、私の母方の実家は島根で養鶏場をしていました。 
毎年夏休みには母親と姉、弟、私の4人で帰省していました。父は仕事が休めず毎年家に残っていました。 
母の実家は島根県の邑智郡と言うところで、
よく言えば自然豊かな日本の原風景が広がる土地、まあはっきり言って田舎です。 
そこでいつも一週間くらい滞在して、お爺ちゃんとお婆ちゃんに甘えながら楽しく遊びました。 
続きを読む

俺が子供の頃、母方の祖父が養鶏場をやっていた。
祖父が死んで今は人手に渡ってしまったが、まだ祖父が元気だったころ、夏休みのたびに遊びに行っていた。
どういう経緯だったか前後がはっきりしないのだが、
俺が手に卵を持っていて、そして祖父がこう言った。
「それは神様だから渡しなさい」
続きを読む

私の携帯にある友人Aから、一年ぶりくらいに電話がありました。
なにやら相談してほしい事があるらしいのです。
正直不思議でした。他の友人の又聞きですが、Aは精神を病んで実家で療養中だからです。
私は仕事中だったので、仕事が終わった後にとある駅で落ち合う約束をしました。

続きを読む


これは、実話です。

数年前、私は妹と二人で東京で二人暮らしをしていました。
元々は二人別々に部屋を借りていたのですが、二人の家賃を合わせると一軒家が借りられるという事に気付き、
都心から多少離れてはいるものの、広くて綺麗な家を借りる事にしたのです。
続きを読む

もう10年くらい前、俺がまだ学生だった頃の出来事。 
当時友人Aが中古の安い軽を買ったので、よくつるむ仲間内とあちこちドライブへ行っていた。
その時に起きた不気味な出来事を書こうと思う。 

ある3連休、俺たちは特にすることもなく、当然女っけもあるわけもなく、
意味も無く俺、A、Bで集まってAのアパートでだらだらとしていた。 
続きを読む

友人から聞いた話。長文です。 

昔、いきつけの喫茶店があった。おしゃれでもなんでもない普通のどこにでもある喫茶店。
でもマスターの人柄がよく、お店の中には穏やかな空気がいつも溢れていたから、
癒されたい時とか、ほっと気持ちを落ち着けたい時には、少し遠かったけれど通っていたらしい。 
続きを読む

これは、今から2年くらい前に起こった出来事です。一人称が私ですが男です。友人も。

私には、とても仲のいい友人がいました。その友人とは、大学からの付き合いなんですが、2年前大学卒業したばかりのころ、友人とちょっとした喧嘩をしてしまい、と言っても私自身はくだらないことで怒ったなぁ、と思うくらいの些細な喧嘩だったのですが、どうも友人は癪に障ったらしく口をきいてくれなくなっていました。
続きを読む

以前、一度だけどうにも奇妙な体験をしたことがある。 

金縛りというものは多くの人が経験してると思うが、
あれは脳の錯覚で、本当は寝ているだけなのに、
起きていると脳が勘違いをしてしまうために起こる現象なのだと一般的には言われていて、
俺も全くそうだと思う。 
続きを読む


T山の話。
福岡県にあり、地元民だとすぐにわかると思う。
山の麓にあるS霊園は、その心霊スポットの中でもかなり有名で、地元の多くの若者がそこへ行く。
自分も多分にもれずそこに行った事があるが、特に霊的な現象なかった。
続きを読む


ついこの間までお盆の行事だと思いこんでた実家の風習を書いてみる。
実家と言うか、正確には母方祖母の実家の風習だけど。

母方祖母の田舎は山奥で、大昔は水不足で苦労した土地らしい。
続きを読む

福島県郡山市で 地方銀行に勤務する高野美穂子さん(仮名)が摩訶不思議な怪異現象に遭遇したのは今から三年前の事である。


当時美穂子さんは 職場の上司の紹介で知り合った大学病院勤務医の信幸さんとは恋愛中だった。
二人は結婚の話も進んでいて 近々両家の親に紹介するばかりになっていた。
続きを読む

俺の実家の小さな村では,女が死んだとき,お葬式の晩は村の男を10人集め, 
酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある.

ろうそくには決まった形があり,仏像を崩した?ような形を
その年の番に抜擢された男のうち最も若い者が彫る. 
続きを読む


うろ覚えだしちょっと長いけど簡便 

曾ばあちゃんは、中部地方の山の中の集落の出らしい。
子供の頃に両親が亡くなって、兄は奉公に出て、幼かった婆ちゃんは庄屋の家に引き取られた。
婆ちゃんは二歳年上の庄屋のお嬢さんの遊び仲間兼お付の女中になった。
それで婆ちゃんも礼儀作法や読み書きをを厳しく仕込まれたらしい。 
続きを読む

死に目を看取った叔父の話。 

独身だった叔父は、姉の子供のオレを我が子のようにかわいがってくれていた。 
オレも叔父が大好きだったし、社会人になってからオレは叔父と同居して、叔父が亡くなるまで一緒に住んでいた。
叔父には一つだけ変な癖があった。 
続きを読む

このページのトップヘ