怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2014年08月

スポンサードリンク

中部地方のペンション

これは今年の夏に俺が実際に体験したこと。 
24年生きてきた中でもわけがわからない体験だったし、思い出すと怖いんだけど、 
今は特に何も起こったりはしてないので書き込んでおくよ。長いんでごめんね。 

俺は関東でフリーターやってる。
今年の8月、中部地方のペンションに二泊三日で一人旅に行った。 
続きを読む

夕日が沈む前

これは今から五年位前に実際に体験した話です。 

当時、私は会社員で、妹は高校生でした。 
その日、私は仕事から定時で帰宅し、リビングに入ってすぐソファーに寝転がって漫画を読みはじめました。 
まだ夕方で、夕日が沈む前だったので電気はつけなくても充分明るかったのを覚えています。
続きを読む

倉庫として使っていた民家

もう10年以上前の、大学時代のこと。 
実家の近所にある小さい運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。 
現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 
んで、バイト仲間に同じく大学生のAくんがいた。
Aくんは自他共に認めるアホキャラだったが、明るくて元気で同僚としてはすごくイイ奴だった。 

続きを読む

川で憑れてきたもの

今までの中でもかなり怖かった霊体験を投稿します。
自分の兄は霊を受け入れやすい体質で、小さい時からよく体調を崩してはその度近所のおばさんがお経やらをあげにきていました。
大きくなるにつれて頻度が減ってきましたが、それでもたまに原因不明の不調を訴えることがあります。
とくにお盆のシーズンになると多いようで、その期間は鬱病のような感じになっています。
続きを読む

全寮制の学校


自分は小中高と、全寮制の学校に通っていた。
凄いド田舎で、そこそこに古い学校。文字通り山の中にある。
トイレの掃除とか凄かったんだ。
夏が近づくと必ず排水溝とかにゲジゲジって呼ばれてる気持ち悪い毛だらけの長い虫が潜んでて、これの退治がもう大変。
狸もよく見かけたし、雉もいた。
裏庭に生徒が何人か集まって許可取って畑作ったり。
続きを読む

舞台学科による演劇

長文書き馴れてなくて申し訳ないが、実体験をひとつ。
俺は芸術系の大学に通ってるんだが、そこで体験した話。 

夏の初めくらいの時期だったかな? 
舞台学科の友人と夕飯に行く約束をしていたんだが、
友人がまだ授業があるとかで、俺は一人自分の学科棟で暇をつぶしてたんだ。 
続きを読む

アカンチャーニエ


友達の女の子に聞いた話。
投稿は了解済みです。


その女の子(以下Aとします)はロシアと日本のクオーターで、母親がハーフ、祖母がロシア人、祖父が日本人です。

祖母と祖父はロシアで暮らしていてこれはAが高校の時に1人で祖母と祖父に会いに行った時の話です。
続きを読む

タクシーに乗る幽霊に関する変わった話


私は、ある地方の大学に勤めている。職種や職階は伏せておこう。これから記す話は、うちの大学に新しく警備員として雇用された男性が語ったものである。相当長いので了承願う。

***************************
続きを読む

おじゃま道草

7年前の6月、夜10時ごろ、自宅の電話がなりました。
いつになく、どきっとする音だったのを覚えています。
ミュージシャンの馬場君からでした。

「どうもオカシイ、口では説明できない。夜分申し訳ないが、来てみてほしい」とのこと。
馬場君はバンドの合宿所として、川越に近い、ある一軒家に引っ越したばかりでした。
いつにない彼の深妙な声に、いやーな緊迫感を感じましたが、長い付き合いの彼の頼みなので、行ってみることにしました。
続きを読む

夢の中の選択


怖い話というか、不思議な話なのかよく分からないが投稿させていただく。

これは、俺が3中学1年生の時の話。

ある日友達三人で俺の家でお泊り会をすることになった。ここでは、自分の名前を正人(まさと)。友達の一人を祐介(ゆうすけ)。もう一人を健吾(けんご)としておく。全て仮名なので、ご了承を。
続きを読む

出前のアルバイト

大学生の頃の話。

俺は下宿近くにある定食屋で出前のアルバイトをしていた。
まあ本業の片手間の出前サービスって感じで、
電話応対や√検索、梱包、配達まで、調理以外のをほぼ全てを俺一人でこなすという感じだ。
客の大半は俺と同じように大学近くで下宿する学生なので、
1年もバイトをすれば寮の名前や位置は勿論、どんな人が住んでるかってのが大体わかってくる。
続きを読む

電話ボックス

電話ボックス

もう10年近く前。そうだな、まだ街のあちこちに電話ボックスがあった頃の話だ。 
ある3連休の前の金曜日。俺は大学の仲間としたたかに飲んだ。 
深夜1時前、仕上げに屋台のラーメン食べて流れ解散。 
そして、ふと、思いついたんだ。明日は特に予定も無い、酔い覚ましに歩いて帰ろうって。 
終電は過ぎてたけどタクシー乗るのは簡単。でもそれだと二日酔いが酷いような気がしてさ。 
続きを読む

実家の風習


実家の風習?というか慣習なんですが、
『年を越す時に自分の姿を見てはならない』というのがあります。
鏡はもちろん、水に映った姿も、例えば塗りのお盆に自分の姿が映ったものでもいけないらしいです。
『見てはいけない』というのはよくある話なのですが、映った姿は死ぬ時の姿なので見てはいけないそうです。
だから実家では、年越し蕎麦は早い時間にいただいて、遅くには眠ってしまうのが常でした。
続きを読む

美術室


これは本当にあった出来事です。

私と私の友人(A)は、同じ美術部の仲間です。
2人とも霊感などは無かったのですが、とても不気味な体験をしました。

その日は、休日にも関わらず部活がありました。
2人は学校から少し遠かった為もあり、部活開始時間の40分くらい前に家を出ました。
続きを読む

欠落感


何年か前に両親が仕事の関係で出張に行っていて、叔父さんの家に預けられた事がある。
叔母さんと中3の従兄弟も歓迎してくれたし、家も広くて一緒にゲームしたりと楽しく過ごしていた。
だが、初めて来た日の夕食時、手伝いをしていて、箸とかコップとかを並べていたら、
「俺君、コップが1個多いよ」と言われた。
続きを読む

パラレル??


ちょっと前の話になるんだけど落ちついてきたから話したいと思う。

2012.11.2
午後5時半

私はいつものように1歳の娘を実家に預け、ペーパードライバーの旦那を職場まで送っていたんだ。

その時、旦那がため息交じりにこう言った
続きを読む

コックリさん、有難う。


ちょっと変な勘が人より良い程度かな?で霊感なんて全くないと思ってる40歳のおっさんです。
長文は面倒だと思われる方は、読まない方がいいかも?
それと駄文、誤字も御容赦下さい。

今から約22〜3年前のまだ高2の頃、夏休みの遊び癖が抜けず地元のひと気の無い御堂で良くサボっていました。
続きを読む

古着屋


前に叔父から聞いた話を紹介したいと思います。

おそらく二、三十年前、叔父が様々な地方を巡って仕事をしていたころ、
ある地方都市で一週間、ビジネスホテルで生活しながら働くことになった。
叔父はそのホテルの近くに、変わった古着屋が建っているのを見つけた。
続きを読む

浜辺の墓地


うちのじいさんの田舎が茨城なんだけど、昔は土葬だったそうだ。
その頃の棺桶って、樽みたいで遺体は体育座りみたいにして入れられた…って理解でいいのかな?

墓地は浜辺のすぐ後ろの雑木林だったそうなんだ。
続きを読む

ボロクソな引越し先の家


これは2年前、当時中学3年生だった時の出来事。
父親の仕事の関係で茨城にある筑波市という所に引っ越した。
正直3年生のこの時期に転校なんて最悪だと思っていたけど、仕事では仕方ないと半分気分は落ち込んでいた。
そんな俺の気分を更に落としたのがボロクソな引越し先の家。
初めて訪れた時は長い掃除の幕開けと覚悟をした。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索