怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2014年10月

スポンサードリンク

校舎で鬼ごっこ


不思議で背筋が寒くなった話。
当時中3だった私。師匠ってゆうあだ名の女の子と仲が良くて、よく騒いでた。

確か冬の雨の日、その日あたしたちはノリで鬼ごっこをはじめた。
はじめにうちの校舎の説明しとくと、四角い建物のまんなかが四角く空洞になってて…
上から見ると回←こんな感じ。
で、各階に東階段と西階段があって。
続きを読む

駅のトイレ


オレは結構、日常的に金縛りにあうんだよね。
あと、変なもん、いわゆる幽霊って奴の姿もたまに見る。
『あ、出るな』って時の感覚も、敏感に感じちゃう訳。

ある日の朝、オレはいつものように出勤した。
その日は少し寝坊して、駅まで慌てて行った。
そしたら、いつもより早く駅に着いてしまった。
続きを読む

懐かしい風景

むかーし私が小学校2~3年の頃、何度も何度も同じ夢を見ていました。 
それは、母の実家に母と二人で帰っていて、母、祖母、私の3人で、
家(築100年)の2階の廊下の突き当たりの扉を開けて、棒の様な細く真っ暗な廊下を通って、
突き当たりの扉を開けるというものでした。 
その扉を開けると、凄く穏やかで、明るい日差しが差し込んだ古い部屋があって、
異様に大きく古く、足で漕ぐミシンらしきものが置いてあり、
続きを読む

いわくつき物件の話。

いわくつき物件の話。

俺は一年前から不動産の仕事をしている。主な仕事は部屋の紹介など。 
そこの不動産会社は高校の部活の先輩、渡辺(仮名)さんが勤務していて、そのつてで紹介してもらった。 

ある時、二十代ぐらいの男性が部屋を探しに来た。
その男性、巻田(仮名)さんからいわくつきの物件を紹介して欲しいと言われたのだ。 
突然の事に要領の得ない俺の様子をみて、先輩の渡辺さんが間に入ってくれた。 
続きを読む

土蔵の中

母方の祖母から聞いた話。 

何十年も前のこと。 
その日、祖母は珍しく夜更けにふと目が覚めたそうだ。 
喉が渇いた。
水を飲もうと台所の灯りをつけたところ、台所から続いている土間の方から「スミマセン、スミマセン」と声が聞こえた。
おそるおそる土間の様子を伺うと、どうやら土間の先から繋がっている土蔵の中に誰かがいるらしい。 
続きを読む

藪の中


山仲間の話。 

単独で入山中に、不思議な光景に出会した。 
行く手の繁みの中で男性が二人、藪漕ぎしながら歩いているのだが、 
ある程度進むとくるりと踵を返してから、元来た藪中を戻っていく。 
そのまま50メートルほど戻ると、そこでまた180度回転し、再びこちらへ向かって進んでくる。 
その二人組はそんなことを何度も繰り返していたのだ。 
顰め面が見て取れるほどに近よってみたが、向こう側は彼のことが目に入らないようで、気が付きもしない様子。 
続きを読む

足止め神社


知り合いの話。

彼の実家の近くに小さな山があり、そこには小さな神社がある。
今にも森に埋もれそうな寂れた神社なのだが、なぜか礼拝客は意外と多い様子。
先日里帰りした折にふと思い出し、何の気なしに足を伸ばしてみた。

一歩境内に足を踏み入れギョッとした。
境内中の木という木に、履物の類が打ち付けてあったのだ。
続きを読む

変なオジちゃん


知り合いの話。

彼女は幼い娘さんを連れて、山菜採りによく出かけているのだという。
その日も彼女は、二人で近場の山に入っていた。

なかなかの収穫を上げて、下山している途中でのこと。
いきなり娘が足を止めた。前方、麓の方をじっと凝視している。
「どうしたの?」と聞くと、「あの小父ちゃん、変!」だと言う。
続きを読む

ダメな物件

関西の大学を出て東京に10年以上住み、その間に二回引っ越しました。 
同じ学校から東京に来た面々も、久しぶりに会って話すとたいてい一度は引っ越しをしていて、物件選びの話になりました。
(一名、同じ建物にずっと住んでいる人が居ましたが) 

話が盛り上がると、誰が始めたのか事故物件の話になりました。 
私も東京へ来たばかりの時に、池袋駅徒歩5分の事故物件を内見していて、 
続きを読む

たすけてー


いきなり話しかけられると、誰でもビックリするものです。


私がこの街に引っ越してきて1ヶ月目のある日、

自宅から駅へ向かっているときに

頭上から突然こうやられました。

「お嬢さん、たーすけてー!私のタマシイが悪いやつにとらえられているのー」
続きを読む

迷惑な読者

ブログは楽しいものである。

日記でもあり、掲示板の壁新聞のように、いつしかそこに集う人々を結びつける手段になったり。

画像掲示板における丁々発矢(ちょうちょうはっし)も楽しいが、私はブログが持つ自由な雰囲気や、読者とのやり取りが心地よくそのおもしろさにのめり込んでいた。

そう、あの日までは・・・。

続きを読む

ピンポーン


ピンポーン。

実家にいる母との電話中に、私のうちの玄関で呼び鈴が鳴った。

「うん、じゃあまた電話するわね。近々、帰るからね」

あいさつもそこそこに、インターホンに向かう。

ピーンポーン。
続きを読む

ご近所さん


これは私の家内が体験した実話です。
今から10年ほど前、当時まだ独身だった彼女は板橋区の
とあるアパートで独り暮らしをしていました。
古いアパートの1階。 6畳一間。ドアを開けると すぐに私道があり、
それを挟んで向かい側には一軒家が並んでいます。

会社に出かける朝、帰ってくる夜、どこかへ出かける休日。
続きを読む

深夜の音


深夜、奇妙な音が私の部屋の天井から聞こえる。
1週間ほど前からだろうか。一晩中聞こえてくる。
また今日も例の音が聞こえる。
ザラ ザラ ザラ ザラーーー。バリバリ、ガリガリ、ザリザリ・・・・・・・・。
毎晩、夜中の4時過ぎまでずっとこの調子である。

結局、そういった状況で眠れない夜が2週間ほど続いた。
続きを読む

ひとを傷つけた代償


これは10代の頃の彼氏にまつわる話です。

人を傷つけることの
本当の恐ろしさを知った出来事でした。


Bは自分のことばかり考えている人でした。
自分の言動でもし誰かを傷つけたとしても気にもとめていませんでした。
続きを読む

山奥のため池


友人の話。

彼がヘラブナ釣りにはまり始めた頃のこと。
夜中に無性に竿が振りたくなり、山奥のため池へ出かけたのだという。

餌の準備をしていると、向こう岸に誰かが立っているのに気がついた。
月明かりの下で、髪の長い女がこちらをじっと見つめていた。
思わず目を見返してしまったのだそうだ。
続きを読む

邪魔をするな


このお話は今年の春頃私の友達におきた霊障にまつわるお話です。


私自身は霊感の強さを心配した祖母のおかげである神社?のおじいさんのおかけで幼い頃に色々な事を教えてもらい霊障をうける事はそうありません。


ある日の夜ふと頭の中に声が聞こえてきたのです
続きを読む

団地の給水塔

誤字脱があります字文章力はありません。納得いかない方は読まないでください。
不明な点についてはお答えします。

関東でも2,3番に大規模な団地に当時住んでいました。
自分が住んでいた団地の近所の三人家族が九州に旅行中に海岸の崖から
車が転落して全員死亡する事故がありました。
両親は遺体となって発見されたましたが、男の子のお子さんだけが行方不明の状態で死亡宣告がされました。

続きを読む

死者の願い


今回のお話はお墓にまつわる話です。

全てが現実に起きた話なので怪談話のような期待できる終わりかたはできないかもしれません。
それでもよければご覧ください。


私がまだ10代の頃の話です


ある友達から連絡があり
助けてほしいとのことでした。
続きを読む

続、伝えたいこと


伝えたいことの続きです。

病院にいき祖母の部屋に入りました

母と母の妹は他の親戚などに外で説明していました。


病室の中には私と祖母

続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索