怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2015年05月

スポンサードリンク

介護施設のとある部屋


介護士をしている知り合いのAさんから聞いた話です。
その施設では密かに職員の間で噂になっている部屋があるそうで、その部屋に入る方は必ず病気等が悪化し退所していくという内容でした、知り合いAさんもその部屋の担当になっていた事もあり自身が担当した利用者様の人数は1年半で20人との事、私はその数が多いのか少ないのかはわかりませんが(^^;。
続きを読む

病室の見知らぬ訪問者


これは、私がまだ中学生頃の話です。
部活で怪我をした私は右足首を骨折し全治3ヶ月の診断を受け入院する事になりました。
その頃は学生だったこともあり、休める事がラッキーだと思い、痛みはありはしますが浮かれ調子で入院しました。
病室は部屋が空いていないとの事で中学生ながらも何と個室これまたラッキーテレビもマンガも見放題。と内心喜んでおりました。
続きを読む

何かがいる


長い上にあんまり怖くないかもしれませんが、私の体験した怖い話です。

ある日、当時大学生の姉が凄い勢いで学校から帰ってきました。
時間は多分夜の10時ぐらいだったと思います。
息も絶え絶え、転がり込むように玄関に入ってきたのです。
続きを読む

夢なのか現実なのか...


よくある話のようなのですがすこし違うので投稿します。
読みにくいとは思いますが読んでいただければ嬉しいです。

それはふだんは起きないのですが夜ねる時、とくに異常に眠たいときや眠りに入る瞬間に突然直感的に「あ、くる」と感じることがあるんです。
続きを読む

押入れと弟とかくれんぼ


これは、私が7歳の時の話です。
文才ゼロなので読みにくいとは思いますが、お付き合い下さい<(_ _)>


私には4歳年下の弟がいます。
弟とは小さな頃から仲が良く、毎日のように一緒に遊んでいました。
その頃私と弟の間ではかくれんぼがはやっており、毎回私が隠れて弟が探す、という風に遊んでいました。
続きを読む

行ったことのないコンクリートの建物


私がまだ小学一年生だった頃の話です。
学校が終わり同級生の友達と近くの公園や海辺などに遊びに行くのが毎日楽しみで、その日もいつものメンバーで遊びに出掛けました。
沖縄の夏は暑いと言っても湿度が内地より低い為カラッとした暑さが通常です。その為当時の子供たちは元気に走り回っていたものです。
続きを読む

玄関前の女の子


これは、私が幼稚園位の時に経験した不思議な体験です。
その当時私は家族で沖縄のアパートに住んでいました。
2Dkの古いアパートでした、その日も暑い夜でなかなか寝付けずにいた私は怖がりで親をよく起こし夜中一緒にトイレについて行ってもらって行っていました。
夜中あれは2時位だったと思います、再度親を起こしましたが中々起きてくれません、仕方なく寝室から一人でトイレに向かいましたアパートの作りが玄関脇にトイレがありましたのでそこを通った時にゾッとしました。
続きを読む

アンティークドール


中学の入学時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰ったんだ。
古いドールだったけど、しっかり手入れされていて汚いという印象は受けなかった。
それどころか、銀色の髪と白を基調としたゴシックドレスが特徴的なとても美人なドール。
「この子は○○(俺)の事がとても気に入ったみたいだから、大事にしなさい」
と祖母に言われたのと、とても高価そうなドールだったこと、
なにより俺自身が何故かそのドールを非常に気に入った事もあって、俺はそのドールの事をとても大切に扱ったんだ
続きを読む

幸福の壺


友人のフリーライターから聞いた、怖いというかとても気味が悪い話です
かなりの長文になりますが読んでいただければ幸いです。

とても心に残る話でしたので初めて投稿させていただきます。
続きを読む

怖い話オフ会の共同運営者募集

怖い話オフ会の共同運営者募集

こんにちは
管理人の西島です。

前任者からこのサイトを引き継いで2年が経ちました。
ここまで続いたのも閲覧者の方、投稿者の方のおかげです。
本当にありがとうございます。

さてさて、これからが本題なのですが、オカ学.comでオフ会を一度は開きたいと思っておりました。

東京で開こうと思っているのですが、只今協力者を募集しております。

怖い話大好きだって方なら誰でもおっけーです。

気軽に連絡ください!

nishizima258@gmail.com


姿無き訪問者と死者


こんにちわ黒猫です
娘が居るのでなかなか暇がなく書けませんでした。
今日はちょっと暇なので三番目の家のことを書きますね。

先ずは姿無き訪問者のことを書きます。
確か私が高校二年生の時です。
当時付き合ってた、元彼。
元彼はTさんとしますね。
Tさんと深夜の一時近くまで電話をしていた時です。
続きを読む


これは怖いというより不思議な話。別に信じないやつは別に良いけど、これは確かにオレと友達が見た話だ。
見ただけで特に何もないけど、聞いてくれる人はぜひ聞いて下さい。

これはオレが小4の夏休みのとき。オレと友達の二人で、虫取りをしに自転車を漕いでたときだった。空は晴れ渡ってていい天気だった。雲ひとつねぇなーなんて思いながら、チャリ漕いで空見てたんだ。
続きを読む

スクリーンショット


何故かわからないが
私のandroid端末のスクリーンショット
いわゆるスクショの音ははじめから
鈍かった 言葉では言い表せないような
鈍さがあった
ほぼ依存症になっていたためたかが
スクショ音で修理しようとは思えなかった
続きを読む


最初に鏡の中に入った記憶は4,5歳のときだった。
家の中のトイレに続くほっそい昼間でも暗い廊下に、大人が両手を広げたくらいの幅のめちゃくちゃでかい鏡があったんだ。
体が小さかったから、鏡には手を伸ばしてやっと届くくらいの距離。
もちろん見上げても自分の姿は映らない。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索