怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2015年08月

スポンサードリンク

歪んだ鏡


お疲れ様です

去年の話しです。

昨年組内で不幸があり

お通夜に行っていたときの話しです。


葬儀社の三階ホールでのお通夜でした。
続きを読む

足音


これは、自分が小学2年くらいの時の話です。

ある日の夜のことでした。
私は、まだ幼かったので、両親と一緒に寝ていました。

自分が寝ていたのは二階の7畳ほどの部屋でした。
父は横に寝ており、母親も隣の部屋で寝ていました。
続きを読む

きり、きり、きり。。。。。


今年の冬の事。

主人の実家(東北)を訪れた帰り、近くの海沿い、広い公園で一休みすることになった。
時刻は午後3時。冬の日は早く落ちていく。
車を降りると主人はたばこを吸いながら、駐車場を軽く散歩しだした。
続きを読む

セピア色の女



お疲れ様です。

これは21~22才の時に体験したものです。


それでは

21才の暑い夏の夜です。友人達とドライブでも行こうってことで
続きを読む

エレベーター


お疲れ様です

小学生三年生の頃の体験を書きます。

今は亡き祖母が心筋梗塞で倒れ

入院していた病院の話しです
続きを読む

座敷童


先日「画面の向こうは」を投稿したものです。

今回は、現在進行形のお話をさせてもらいます。


愛媛松山のお話です。

私は、3年程前に競売で家を買いました。
続きを読む

異界への階段


以前「立っていた男」「天井裏に棲むモノ」を投稿した子泣き爺です。ちょっと間が開きましたが久しぶりに投稿したいと思います。ただ、この話は心霊的な話なのか、異次元というべきか自分でも判断がつかないのです。読んでくださる方の判断にお任せしたいと思います。以下文体を変えます。
続きを読む

画面の向こうは


初めまして
今回初めて投稿させてもらいます。
子どもの頃に実際に体験したことです

私、子ども頃は体の弱い子で事あるごとに熱を出して寝込んでしまうような子どもでした。保育園~小学五年生まで熱を出すと決まって見る映像がありました。朝目覚めてもハッキリと覚えており、フルカラーの映像です。何時も同じ所から始まり何時も同じところで終わる映像です。
続きを読む

ぼうなき


ぼうなき(様?)って知ってる?
想像以上にマイナーな行事だったんで、地元から出て話題にしたとき誰も知らんかった。
有名なS神社で行われる七五三の続きの様な行事で、十歳前後の女の子が受けることがある。
妹がこれに参加した時は、正座して頭を下げて、祓いため清めたまえみたいな祝詞っぽい物を聞かされただけだった。
この時は妹が一緒がいいって言うんで、母に参加を強要されたからなんとなく覚えてる。
続きを読む

何の声?


随分と前のお話です。

私が小学校5、6年生の頃だったと思います。

コンクールに出すペンギンの絵を一緒に描こうと、夏休みに山奥にある友達の家に遊びに行きました。
一通り絵を描き終わると、塗り絵をしたり、ゲームをしたりして遊びました。
続きを読む

友達のお父さん


友達のお父さんが高校生のころ体験した話。

友達のお父さんをAさんとします。Aさんの住む町には心霊スポットがありました。
心霊スポットといっても、ずいぶん前に廃墟となった一軒家らしく、学生のあいだで心霊スポットという噂がたっていたんだそうです。
続きを読む

神の使い


この話も小学生の頃の話。
恐怖も当時はあったのだが,不思議と救われた気持ちにもなった実話である
あれは夏の暑い日でした。

友達3人と俺,弟の5人で山にカブト虫を取りにいった時である。

俺達は、たんたんとお目当てのクワガタやカブト虫を獲っていました。
続きを読む

バスケットボール


小学生の頃の話 自分が小学生の頃ちょうど夏休みも終わるかおわらないぐらいの日に友達3人と昼下がりの生ぬるい気温の中俺たちは暇で学校に遊びに来ていた。当然学校は休みだし何故かその日プールもお休みで俺たち以外しーんと周りは静まりかえってた。一通りサッカーをやって暑いから日陰で涼もうぜって事になり体育館の陰で涼んでいたらある違和感を感じた…と同時に周りの休憩に来た友達も異変に気付き言った。
続きを読む

花火


真夏の夜空に咲く大輪の花。「花火」

人はどうしてこれほどまでに花火が好きで、花火を観たがるのでしょうか? 日本人は特に。

元々、花火は死んだ人間たち、つまりあの世に行ってしまった人たち、天に昇ってしまった人たちの心を慰めるためのものだと聞いたことがあります
続きを読む

四十九日


母親が他界した。 高齢だったからあきらめてはいたが、もっと生きている内に会って親孝行しておけば良かったと後悔した。

実家には何年も帰っていなかった。一人娘なのに。
東京に嫁ぎ、経済的にも厳しくていっぱいいっぱいで生活している自分には故郷の北海道に帰る交通費さえままならなかった。
続きを読む

霊道


これは、私が高校1年生の時の話です。
私が通っていた高校は、5月頃に1年生を対象に合宿が行われていました。所謂、親睦を深めて友達を作るのが目的の合宿です。

私達の場合は、岩手にある某少年自然の家に2泊3日で泊まりに行きました。
続きを読む

伝説が残る島


死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話。

祖父さんは若い頃鹿児島で漁師をしていた。
ベテラン漁師の船に乗せて貰って働いていて、毎日のように漁に出ていた。
その辺りの海は無人島が点在していて、中に昔々海賊が財宝を隠したという伝説が残る島があったらしい。
続きを読む

湿気


大学時代にアパートに一人で住んでいた。
別に特別古くも新しくもない、平均的なワンルーム。

2年目の冬、帰宅後の習慣で、俺は換気をのために窓を開けた。
その時なにか冷たい風にのって何かがフワッと入ってきたように感じたが、
気に留める程でもなく、普通に生活していたんだけど、
続きを読む

病院の個室


私は病院で看護助手の仕事をしています。
病棟に個室が2つしかなく、その一つの個室は前々から出ると有名だった。
私も見てはいないが、掃除に入っても扉は閉めたくないなってくらいの嫌な雰囲気は感じてた。

ある日、その個室にお坊さんが腰椎圧迫骨折で入院してきました。
年は高齢と言う訳でもないので認知等はなく、しっかり受け答えされてました。
続きを読む

墓場散策


昔、同い年くらいの幽霊(おそらく)に出会った話。

俺の家は昔から、夏休みにはばあちゃん家を訪ねることになっていた。
そのときも、俺、姉、両親で、ばあちゃん家に滞在していた。

そんなある日、ひいじいちゃんの墓参りに行くことになった。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索