怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2016年04月

スポンサードリンク

3年後


毎夜現れた不気味な足音が消えて3年が過ぎ、あの時の恐怖もスッカリ忘れていた高校1年の6月のことでした。
私の左の頬に10円玉位の赤紫色の発赤が出来、治る気配がないし少しづつ大きくなり、首のリンパ節も腫れ心配になって近所の病院に行きました。
その病院の医者からは
「大した事はないと思いますが、総合病院の紹介状を書きますから、そこに行って検査して下さい。」
と言われ何の薬も処方されず紹介状を渡されました。
「私の病気はなんですか?」
と尋ねると
続きを読む

T字路で赤信号に捕まった


先月の体験談です。

昼間に一人で車を運転していました。
T字路で赤信号に捕まったので、時間潰しのために向かいの壁や左右に視線を動かしていました。
その時ふと、バックミラーが目に入りました。
後ろにはワゴンが止まっていて、運転席には男の人が座っていました。
そこまでは普通だったのですが、私はワゴンの助手席におかしなものを見ました。
おかしなものと言っても、それは人です。
赤い服を着た髪の長い女の人が助手席にいるのですが、それが妙におかしいんです。
続きを読む

布団に映った手形


今でも幽霊信じてないんだけど、どうしても引っかかる体験がありまして。
この体験があったから、どうしても幽霊を完全否定できない気持ちもあります。

小学校一年生の時です。
この体験の前後のことはかなり昔なのでよく覚えていませんが、とにかく私は布団に潜っていたんです。
布団といっても薄っぺらで、シーツと言ったほうがいいかもしれません。
とにかく私は潜っていたんです。
続きを読む

神様に相談


色々あるけど、小話というか、自分でもあれはなんだったんだ?と思うものがあるので、一緒に考えてください。

数年前、妊娠しました。んで生む方向になりました。
でも付き合っている人とちゃんと所帯を持てるか不安で心配でした。
つわりもひどくて立っていられないくらい。心細かったです。
ちょうどお正月だったので、彼と一緒に近所の神社にお参りに行きました。
続きを読む

小学生から高校生の時の体験談


私は霊感はないと思いますが、子供の時の不思議な体験です。

小2の夏休み、2階の自分の部屋で夏休みの宿題を広げていた時。
実家の周りは本当に田舎で田んぼと道路、川があるだけ。
出窓から外を眺めたら、前の道を白いビニール袋みたいなやつが揺れて動いてました。
「ビニール袋??でも動きが変」と気になり、ジッと見てると
物凄い高速で家の前の道路を行ったり来たりし始めました。
「お母さん呼ばなきゃ!」と思うけど、目が離せない、声も出せない。
顔は半笑いだったのは自分でも覚えてます。
続きを読む

怖いものは怖い!


私は小さい頃から霊感がある。
だけど念がこもった幽霊ほど怖いものはない。
その辺にいる普通の人間と変わりないから普通にわからない。
よく小学生の時は不思議ちゃんに見られた。
「さっきの人着物着てて綺麗だったね!」
友人「え?そんな人いなかったよ?」
とか普通にあった。
あとは自転車に乗ってたらいきなり横から出てきた人が!!!と急ブレーキ!!
だけど友達から
「なにやってんの?そんなとこで急ブレーキなんかして?」
続きを読む

友達の家で起こった事


私は幽霊の存在など全く信じていなかった。

その話を友達のkにしたら、ウチに来たら 金縛りとかなるし 見れるかも

と言うので
さっそくkの家に泊まりに行く事になりました。

kの家族は 母と兄、そしてかなり可愛い妹がいる。 お父さんはkが幼い時に離婚したのだそうだ。

kの部屋は12畳の部屋を襖で仕切り
続きを読む

顔がグチャグチャ


俺、文の才能ないから誤字とか脱字とかあるかもしれない。あと、見ずらかったらすいません。

今から話す話はあくまでも夢なんだけどちょっと気持ち悪かったんだよな。
たしか俺が小学生の時の夢だった

俺の住んでたところは田舎で学校の裏庭には森があって鹿とか狐とか熊とか…自然がいっぱいだった。そんで、俺が見た夢の景色がその裏庭だったわけね。

その時は丁度曇ってきて雨が降りそうだった。いかにもなにか出そうな感じ しかもじめじめして蒸してたな。一言で言うなら気持ち悪かった。
続きを読む

幽体離脱?


3回目の投稿!
今回は短いですが、やっぱり実体験です!

私が小学5年か6年のある日(昔の事なんでハッキリした年齢までは覚えてないです(汗))
その日、朝から母親の体調が最悪でした。
それでも母親は、私用にお弁当を作って、弟を幼稚園に送っていきました。
私はそのお弁当を持ってフリースクールへ。(普通の学校には馴染めなかったもんで…(苦笑))
でも私はずっと母親の事が気になっていました。
そしてお弁当を食べた後の昼休み時間、うつらうつらして終には眠ってしまいました。
続きを読む

一緒に寝てもいい?


2回目の投稿です。
下手でもしょうがないから付き合ってやるよ!という心意気の方々、どうぞお付き合いください。
これも全て実体験です。
私は小学3年まで身体が異常に弱く、入退院を繰り返していました(それが原因で学校の勉強が追い付けなくなり、クラスで苛められ不登校になりました(苦笑))
↑まぁ、関係ない話しは置いといて。

それは私にとって最後の大手術を控えた最後の入院で起きた事です。
続きを読む

3・11


初めて投稿します。
文才ないから分かり難いと思いますが、一つお付き合いください。
私は昔から視える人間でした。
物心ついた頃には、家に家族以外の住人が二人ほど居るのを認知していました。
でも母親にその人達の事を話すと
「外では話してはいけないよ」と毎回注意されたので、何となく幼いながらに(私は視えてはいけないものが視えてるんだ…)と思うようになり外で話す事は殆どなくなりました。
続きを読む

最後の一線


ある意味怖く、ある意味笑っちゃうような話なんだが・・・
俺が高1の時の話だ。

この頃はもう両親の関係は冷え切ってて、そろそろ離婚かな?って感じの時期だった。
俺はと言えば、グレる気にもなれず、引き篭り気味の生活を送ってたっけ。
授業が終わると、真っ直ぐ家に帰って自室に直行。飯も自室で一人で食ってた。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索