怖い話のまとめ - オカ学.com

怖い話の投稿型のまとめサイト。怖い話を厳選し短編、中編、長編と長さごとやカテゴリーごとに分類ししました。意味がわかると怖い話、都市伝説、不思議な話、怪談、ホラーなどここでしか読めない話も多数

2016年05月

スポンサードリンク

秘密の出来事


これは私が小学生の時に体験した話です。

当時私は一人で寝るのが怖く、お婆ちゃん子だったこともあり、祖母とよく一緒に寝ていました。
夜遅くまで起きて二人で何かしらのビデオ(当時はDVDではなく、ビデオが主流でした)を見ている時もあれば、21時頃には就寝してる時もありました。とにかく祖母にくっついていました。

確か、その日は暑い暑い夏の夜でした。


私は恐ろしい体験をしてしまいました。
続きを読む

貰い物


レッカーの仕事、スーパーエースの話23です。

今回は、フトン屋さん時代中期頃の話です。

佐藤君がいた頃は、例えば現場にあるものを処分して欲しいと言われた場合、所有権が会社に一度移り、その後会社の責任で処分することになるそうです。もちろん書類にサインは貰うそうですが。

処分と言っても、中にはまだ新しかったり、全然使えるものもあるようで、暗黙の了解として、現場にいた人間が貰っていくことが多々あったようです。酷い会社だと、そのままリサイクルショップに売り渡すとかもあったみたいです。
現在はどうか分かりませんが。
続きを読む

博物館みたいなとこ


私の母が10代の頃に体験した気味の悪い話。

むかーし、横浜市で『殺人・惨殺事件展』とういのが博物館みたいなところで開催され、
母は友人達と連れだって見に行ったそうです。
内容的には、
一家惨殺された人達の血染めの浴衣、鉈で切り落とされた男児の生首、
成人男性の陰部のホルマリン漬け、血糊がこびりついた包丁、沢山の死体写真や詳細記事などなど・・
今では考えられない物までを赤裸々に展示されていたそうです。
そして、母達は閉館ぎりぎりに出た。
続きを読む

狐狗狸(こっくり)山


私が小学校4年生の頃の話です。

私は当時、父親の仕事の関係である田舎の町に1年半ほど住んでいました。小学生という事もあり、外から来た転校生という事でかる~いイジメに遭っていました。

その中で1人のいじめっ子が
「お前、俺達と仲良くしたかったら『狐狗狸(こっくり)山』に登ってみろ!!」
なんて笑いながら言うんです。
「こっくり山?」
続きを読む

中古のお布団


この話は母から聞いた話で、母は祖母から聞いた話と言っておりました。
この話は北海道のB町の近くの話、戦前か戦後、このあたりの話だそうです。

このころは物資が少なく、布団を買うにも新品を手に入れるのは難しい時代でした。
近くの中古屋に布団が入荷したとのことで、体験者(性別不明)が早速買いに行きました。
その布団は中古の割に外側が随分きれいな物で、店の主人の話では布団の外側を付け替えた物らしかった。
中古の割に随分安かったそうで、体験者は言い値で即買い求めたのでした。
続きを読む

スポンサードリンク
ソーシャルボタン
記事検索