昨年の夏の話。

その夜は友人との飲み会で、かなり帰りが遅くなった。
終電も逃し、このまま朝まで飲み明かすかーって話だったんだけど、
私は次の日用事があったので帰ることにしたんだ。

私の自宅は新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐに着くけど、
まあ歩けない距離じゃないし酔い覚ましがてら
歩いて帰るかってことで、暗い夜道を一人で歩いた。


賑やかな繁華街を離れ、住宅街に入る。
夜風が気持ちいなあなんて考えながら歩いていると、
突然、暗がりから小学校低学年くらいの全身黒ずくめの男の子が現れて
「むかえにきました!」って私に言うんだ。
私がえ?って戸惑っていると男の子は私の顔をじーっと見つめた後
「あっ、ごめんなさい!間違えました」って走って行っちゃった。


なんなの、あれ…
時刻は午前2時を回ったところ。
こんな夜中に小さな男の子が一人で外をうろついているなんて、どう考えてもおかしい。
不審に思いながらも、その日は無事に帰宅。
まだ起きていた弟に今あったことを話すと、
「死神だったんじゃねーの?持ってかれなくて良かったなw」と笑われた。
私もそーだねなんて笑いながら、さして気にも留めていなかったんだ。

数日後、近所で不幸があった。

亡くなったのは私と同じ年頃の女の子。原因不明の突然死だったらしい。
そしてその子の家は、あの日の夜、男の子が走って行った方向。

単なる偶然かもしれないけど、本当にあの男の子は死神だったのかもしれない。
もしあの夜、私が間違われたままだったら…そう思うと背筋が寒くなった。


引用元http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1316178648/