山仲間の話。

学生時、部活でキャンプしていた時のこと。
そろそろ寝ようかと火の始末等始めていると、下方より足音が上ってきた。
やがて彼らの前に現れたのは、ごく普通の背格好をした男が一人。


紺のスーツと革靴という、およそ深山に似付かわしくない服装が奇妙だった。
髪型は見事に七三分け、御丁寧にブリーフケースまで提げている。
男は彼らを見ると、白い歯を見せて快活に話し掛けてきた。

「すいません、私と同じ顔をした男性を見掛けませんでしたか?」

その場にいた全員が何を聞かれたのか理解出来ず、「は?」という顔になる。
「・・・見てませんが」ようよう部長がそう答えた。
「そうですか、それはどうもお騒がせしました」

男は慇懃に一礼すると、頂上に向かい歩き出した。
速い。山慣れた彼らが思わず感心するほどの健脚だったという。

「何だったんだ、アレ?」
皆怪訝な面持ちでいたが、いくら考えてみても答えが得られるものでもない。
放っておくことにして、中断していた作業に戻る。
しばらくして、また下方より足音が聞こえてきた。
「またか、こんな夜中に。今度は誰だっていうんだ」


身構えている彼らの前に現れたのは・・・

間違いなく先程、上がっていったスーツ姿の男だった。
そして先程とまったく同じ質問を発する。

「すいません、私と同じ顔をした男性を見掛けませんでしたか?」
「・・・つい今し方、ここを上って行かれましたよ」
「やぁそうでしたか。それはどうもありがとうございました。では」

嬉しそうに感謝の言葉を述べてから、男は再び真っ暗な道に消えていった。
とても寝るどころではなくなり騒いでいると、三度目の足音が上ってくる。

「おい、まさか・・・」
間を置かず、まったく同じ顔と格好をした三人目が現れた。

「すいません、私と同じ顔をした男性を見掛けませんでしたか?」
直前の会話をそのまま繰り返し、やはり頂上へと消えていく。

「場所変えるぞ。どうにもここじゃ寝たくない」
部長がそう決定すると、皆も慌ててテントを畳みに掛かる。
撤収に手間取り、それから都合五回、同じ男と同じ会話を繰り返してしまった。

「すいません、私と同じ顔をした男性を見掛けませんでしたか?」
そんな言葉を聞き続けて、何とかそこを後にする。

結局、そこからかなり離れた場所で野営し直したのだという。
件の男はもうそれ以上姿を見せなかったそうだ。

3人までなら同じ人に会ったことがある。
しかし5人はなあ…

おかしなモノで、三つ子だよとか最初に会った人とは微妙に違ったよとか
なんか合理的な説明を自分にして、山を下りるまでは特に考えようとしないんだよね。
脳が拒否してるというか。

同行者も同じで山を下りてから「なあ、下りで同じ奴3回見たよな…」と



引用元http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1330012300/