小学生の時の「道徳」の授業。

当時私の学校で使っていた道徳の教科書には、不気味な少女の絵が表紙になっていました。

ただ不気味なだけではないのです。

その絵の少女は、「生きている」のです。

絵のモデルになった少女が生きてるという意味ではありません。

その絵の少女そのものが生きているのです。



私のクラスに「祥子ちゃん」という女の子がいました。

美人とまでは言わないけれど可愛い雰囲気の女の子でした。

ところがある日を境に、道徳の授業を異常に怖がるようになったのです。

なぜ怖がるのか、理由を聞いて驚きました。



「教科書の表紙の女の子がやってくる」と言うのです。



当然、そんな訳も分からない話は誰も相手にしませんでした。

でも、祥子ちゃんの様子が気になった私は、彼女と遊ぶ約束をして、詳しい話を聞いてみる事にしたのです。

彼女が言うには、「表紙の女の子が徐々に近づいてくる。もう手が表紙から出かかってる。」との事でした。

私は、実際にその表紙を見せてもらおうと彼女に頼みました。しかし、何故か彼女は異常ほど抵抗をするので、その場は諦めるしかありませんでした。

次の日、彼女は学校には来ませんでした。

私は嫌な予感がしましたが、彼女は不登校になり、その後会う事が出来ませんでした。

しばらくして、彼女は卒業を間近にして転校したと先生が皆に知らせました。

私は祥子ちゃんの事を忘れないまま卒業の日を迎えることとなったのです。

そんなに目立つ子ではなかったのですが、何故か私は強く印象に残っていました。

卒業式が終わった後、私は以前祥子ちゃんが使っていた机が気になって何となく近づいてみました。

何気なく机の中を覗いた時、教科書がひとつ、ポツンと残っていました。

私は急に寒気に襲われ、全身に鳥肌が立ちました。何故か怖い…

まるで私が見つけるのを待ってたように、教科書はそこに置いてあったのです。



あの時祥子ちゃんが言ってた話。



あの話しを知っているのは、多分…私だけ。

その教科書を手に取ってみると、表紙の絵は書き換えられていたのです。

教科書の表紙に描かれているはずの「女の子」は真っ黒く塗りつぶされていました。

いえ、良く見ると、女の子が描かれていた部分だけ、ポッカリ穴があいたように真っ黒なっていたのです。

彼女は今、何処で何をしているのでしょうか…



そして



道徳の女の子は、今誰の教科書にいるのでしょうか…


転載元http://horror-terror.com/