これは知り合いのSから聞いた話です。

ある日の夜、携帯にメールが入った音で起こされたそうです。
誰からだろうと思って時計を見ると、朝の4時。


まだ外は暗く、こんな時間にメールしてくる人なんて自分の周りには居ないと思いながらも、気になったのでメールを見たそうです。



「今から行っていい?」



メールの件名にはそう書いてありましたが、本文がからっぽだったそうです。

「なんだ、間違いかよ。」

メールアドレスも見た事のないものだったので、Sはそのまま寝る事にしました。

次の日。

同じ時間にまたメールがあったそうです。





「今から行っていい?」





昨日と同じ内容。本文は空っぽです。

「ふざけんなよ!」

返信して間違いである事を教えようとしましたが、その時はなんとなく止めておこうと思ったそうです。

次来たら絶対文句言ってやる!

Sはそう思ってベッドに戻りました。


次の日、朝いつも起きている時間に目が覚めて、Sはメールが来ていない事に気付きました。

「やぱ間違いか。」

そう思ってSはメールの事を忘れる事にしました。



しかし、その日の夜。



Sは朝4時に起こされて不機嫌でした。

「マジかよ!」

ベッドから飛び起きて携帯を鷲掴みにすると、Sは今度こそ返信してやると思い、メール画面を開きました。





「今から行っていい?」





ん?



そのメールは本文こそ空っぽでしたが、画像が添付してありました。

そして、その画像を見たSは驚愕して動けなくなったと言います。

なぜなら、その画像は、自分の住んでいる家を外から写した写真。しかも、今現在の薄暗い景色だったのです。

Sは誰かの悪い冗談かと思いました。しかし、いい大人がここまでして何の得になるでしょうか。ストーキングされる心当たりも全くありません。

Sは、気味悪がりながらも必死に忘れようとしたといいます。

次の日もメールが来るんじゃないかとビクビクしながら帰宅しました。

しかし、その後一切メールは来なくなりました。

安心したSは、何気なくいじっていた携帯の中にとんでもない物を見つけてしまったのです。



なんと、あのメールに添付された画像が、保存した記憶が無いにも関わらず、本体に記録されていたのです。

気持悪くなったSは、すぐさま画像を削除しました。


しかし


次の日になるとまた画像が現れたのです。


しかも、メールを受け取った時の景色よりも、明らかに自分の家に近づいているというのです。





「今から行っていい?」





あのメールの意味は何なんだ?

Sは必死に考えました。

返信すべきだったのか…?いや、それで解決するとは限らない。そもそも誰が何のために…

ついにSは、消しても消しても復活する画像が自分の玄関の前まで来たところで、携帯を破壊し、解約してしまいました。



それ以来、精神的に携帯電話を使う事が出来なくなってしまったそうです。


転載元http://horror-terror.com/