子どもの頃の話。

子どもの頃、僕は2階建ての借家にすんでいた。
母親も仕事をしていたので、学校から帰っても自分一人のことが多かった。
ある日、夕方遅く学校から帰ってくると、家の中が暗い。

「おかあさ~ん」と呼ぶと、2階からか小さな声で「はあ~い」と
応える声がした。もういっかい呼ぶとまた「はあ~い」。
なんだか、自分を呼んでいるような気がして、2階へあがった。
階段をあがったところでまた母を呼ぶと、奥の部屋から「はあ~い」と声がした。
奇妙な胸騒ぎと、いっこくも母に会いたいのとで、奥の部屋へゆっくりと
近づいていく。
そのとき、下で玄関を開ける音がした。
母親があわただしく買い物袋をさげて
帰ってきた。
「しゅんすけ、帰ってる~?」明るい声で僕を呼んでいる。
僕はすっかり元気を取り戻して、階段を駆け下りていく。
そのとき、ふと奥の部屋に目をやる。
奥の部屋のドアがキキキとわずかに動いた。
僕は一瞬、ドアのすきまに奇妙なものを見た。
こっちを見ている白い人間の顔だった。



引用元http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1295590250/