すごく怖い話ではないかもしれませんが、ちょっとゾクッとした話です。
私は海外で生活しているのですが、毎週末お客さんと待ち合わせをしてそれから仕事です。
一度に何人のお客さんも迎えるのですが、何人もスタッフはいるので、たとえ私がちょっと用足しに行っても大丈夫。

その時もほとんどのお客さんが到着して、私はちょっとトイレに行きたかったので1人でトイレに。
いつも利用するトイレで、たくさんの人がいることが多いのですが、その時に限って1人。
すごくキレイなわけではないですが、公衆トイレなのでそんなに気にもせず入って行きました。

そこの洗面所の水は手を出すと反応する物なのですが、水が流れっぱなし。
えー!?と思ったのですが、特に気にもせずに便器の方へ。
大きなトイレなので何カ所もあるのですが、1つ目を覗くとちょっと便がついていたので却下。
その次のトイレはキレイだったので入ろうとすると、茶色いヒールのついたパンプスが1足。
…辞めよう、とそれよりも何個か先のトイレで用足し。

はぁ、とホッとした時にまた洗面所の水の音が聞こえてきました。
ジャー、ジャー、ジャーと手を出しては引っ込めて、という感じの出方です。
あれ??さっきはずっと出てたような…と思いながらちょっと怖くなり、早めに用足してトイレから出ました。
そして手を洗おうとすると今度は水がジャーとずっと流れっぱなしに…

さすがに怖くなり、手を洗ってすぐにダッシュでスタッフのいるところに戻りました。

鏡もみたし、トイレで物音もしなかったし、誰が洗面所で水を出してたんでしょう。
そして、誰の靴だったんでしょうか。


内田さんからの投稿