その日の夜、警察に連絡があって 村中の大人の男が集まって大捜索が行われた。
俺の親父も仕事から帰って飯も食わずに村の会館へ向かった 。
母ちゃんは緊張した顔でどこかに電話してた 。
親父が会館から帰ってきて、「ウチに班の子供集めることになった」と言い 、出ていった

母ちゃんが強ばった顔で全部の部屋の電気を付けて回ってしばらくして近所の子供と母親が集まってきた 。
子供と言っても中学生もいたし赤ん坊もいて俺んちが一気にパンパンになった 。
田舎特有の広い12畳の3つ居間が戸を外されて
36畳のでかい部屋が出来上がり

各家から持ってきた布団が敷かれ子供らがそこに寝かされた。
部屋の隅に母親が3人座って子供らを見守っていた。
俺は同級生の奴がいたからそいつの隣に布団を敷いてしばらくそいつとヒソヒソ話をしていた。

「いなくなった子誰なんかな?」とか
「じいちゃんが神隠しやー!って鎌持って家飛び出してん」とか
ヒソヒソ話だったが、見張ってた近所の婆さんが近寄ってきて
「しゃべらんとけ!」「子供の声はようとおる!」
ってしゃがれた声で怒られた。

その日はなかなか眠れなかったけど最後には寝た。
俺の村には昔から神隠しの言い伝えがある
数十年に一度の周期で何人も子供が一晩でいなくなる 。
変質者や事故などでは考えられないケースが多い
昔から子供を数軒の家に分散し、集めて見張っていたが見張りが一瞬目を離した隙に子供の数が半分になったという伝説もあった。
また、失踪した子供が見つかる場合もあった 。

村は山の麓にあるんだけど失踪した子供が山の中腹に数人倒れているのが発見されたケースもあった。
その日も大人の男は山を捜索していたそうだ。
次の日も昼夜捜索されたが遺留品一つ見つからなかった 。
幸いというかその時はその女の子一人が失踪し20年たった今も見つかっていない。

これはつい最近親父に聞いたんだけど江戸時代の大飢饉があった時にたくさんの子供が村でランダムに間引かれ。
そのあと、神隠しが始まったらしい
はじめは起きる間隔が短く失踪する人数も多かったが
だんだん間隔も長くなり人数も減ってきたらしい 。



引用元http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1309176058/