俺が高校生だったある深夜
真夜中に母が部屋に来て起こされた。
内容は祖母が亡くなったということだった。

俺の実家は新潟県で祖母は二年ほど前までは一緒に過ごしていたが
容態が悪くなってからは叔母の住む街の病院で養生していた。
親父は遠いこともあり祖母の面倒を叔母に任せた、
しかし叔母は程なく名古屋の病院に祖母を転院させる。

しかし、その輸送のさなかに人工透析中なんらかのミスがあったらしく
病院に着いて僅か2日で亡くなった。
余談だが、親父は病院には怒らなかった。が叔母に激怒し現在も絶縁中である。

本題に戻る。祖母が亡くなった報を受け、すぐ近所に住む親族らが数名やってきた。
しばらくすると、強い風が吹いてるワケでもないのに玄関の戸がガタガタなりだした。

母が「おばあちゃんが帰ってきた!」と反応した。俺は馬鹿らしいとおもい、
深夜のテレビ通販を見ている。
すると玄関のガタガタ音が無くなった。 しかし次は玄関となりの窓のみがガタガタ鳴りだす。
親族の1人が「ありゃ~ほんとだわ、おばあちゃん帰ってきたよ」と言い出した。
俺はその頃通販の包丁に魅了され注文の電話をいれてる最中であった。

親族の1人が「おばあちゃん家に入れてあげよう」と言うと母は「入れちゃダメ帰ってもらわなきゃ」
そんなやりとりをしていたのを覚えている。
しかし家の周りを何周も回っているかのように各所でガタガタ音が鳴ったり止んだりで、
終いに可哀想になったのであろう。母が玄関を開けた。
その時である。母が玄関を開けて一秒したかしない位の時に電話中の俺の耳に確かに聞こえた。
受話器越しに受付の女の声に重なるように
「はぁ、ただいまぁ…」
と祖母の声が聞こえたのである。
俺はビックリし一瞬背筋が凍ったがすぐに冷静を取り戻し注文をこなした。

またまた余談だが、ちなみにこの時買った包丁は「カツ・コンツァープロ・ナイフセット」である。
祖母が巡り合わせてくれた縁と思い現在も使用しています。

こんな感じの怖くはないけど一瞬だけゾッとした不思議な体験談でした。
文章力不足でつまらない駄文ゴメンナサイ。
おわり


引用元死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?300