夢、夢は「見る」「見ない」じゃなくて
「覚えてたか」「覚えてないか」らしいですよね
寝てる時に
脳みそが記憶の処理をしていて起きた時に「覚えてたか」「覚えてないか」

じゃあ「予知夢」「デジャブ」
これ何?っ話になるでしょ。
予知夢は昔から見てました。
人生で一番周りがビックリしたのは
直接的に当てたのではなく
一週間くらい前から
「棒に紙飛行機が当たる夢を見た」って
言ってたら起きたのが「9・11」
カッチャに
「見てみ?!これあんたが言ってた奴じゃない!?」って言われてビックリ。
小さい事は多々当たったけどこんな
でかいのは初めてだった。
そんな俺が昔から見てた「夢」
仏間に正座して遺影を見ると知らない青年。ただ、名前が同じだけ。
この夢を保育園の時から見ていて親や先生、友達。まぁ言ってました。
まぁ、仕方ないか!って思ってたけど
「9・11」の夢を見た後はビビりっぱなし。確かに昔から怪我は絶えなかったけど生きてた。夢で見る未来の自分の記されている年齢は「24」
「19」の時にチンピラに拉致られた時に「フライング!?」って
思ったけどギリギリ生きて帰された。
小さい時に盛大に転けて頭縫ったけど
ぬいぐるみがクッションになって助かったらしい。傷はまだある。
そんな男も「23」になってた。
日曜日で家に居た時に「ピンポーン」
二回に居たので下に降りていった。
自分の家は階段を半分降りれば玄関が見える。
誰だろ?って思って階段を降りきる前に
玄関を見た。
光を通すだけの硝子あるでしょ?透明じゃなくて。そこに誰かへばりついてた。
その下に郵便受けあるんだけど。
カパカパしてた。「やべー奴きたよ!」
って思って速攻、階段登り直して
部屋に戻り友達に連絡!
「家の外にやべーのいるから道具もって他の仲間連れて見に来てみ!?」って伝えた。
そんで俺も木刀持って下に降りてった。
そんでさっきと同じ位置にいったら
二人になってた。
「え!?なんで!?」って言っちゃったわ!ただ、さっきのが同じ位置で覗いてて。
もう一人はその上。きもかった~。
そんでさ、インターホンにマイクだけ
付いてるから音だけ聞いてみたんだよ。
そしたら何か喋ってる。ぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつぶつ。まだかな、まだかな、まだかな、まだかな、まだかな、まだかな。
「なにいってんだよ」って思った。
これ読んでる人はどうせ夢の話だろ?って、思ってると思う。
でもさ、そん時の俺にはそんな事を考える余裕も無かった。
「仲間来る前にそいつボコって待ってよう」って考えてたのに。
インターホンそっと戻して玄関戻った。
そいつらさ、まだいるんだよ。
早く仲間来てくれって思ってた。
とりあえず、また連絡しようとして、階段上がって部屋に行った。いったんだけどさ。俺が居た。正確には「もう一人の俺」意味がわからなかった。
ただ、もう一人の「俺」はただ笑ってる。想像して欲しい。目の前に同じ自分がいて、笑ってる。それだけで怖いよ?
鏡で同じ経験出来るでしょ?とかじゃない。そんなもんじゃない。
速攻で下に降りてった。降りた。
まだ居る。一人しかいない。もう一人は
俺の隣にたってた。
人間って前を向いていても上下左右って
何と無く分かるでしょ?
右にいるんだ。確実に。そいつがさ
「居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、居るよ、笑ってよ?」って
笑えないよ。マジで。そしたら玄関あいた。もう一人きた。って思った。
仲間の奴等だった。マジで安堵した。
そしたら仲間の一人が
「お前誰?」って、「は?」って言ったら
仲間の中に俺が居た。
そっから気付いたらリビングで寝てた。
まだ夕方。夏の夕方はまだ明るい。
「さっきのは夢か?」って思ってたら
インターホン鳴った。「はい?」って言ったら聞いた事のない声の奴がさ。
「まだ生きれるよ」って言ってきた。
慌てて玄関に行って開けたんだけど
誰も居なかった。特に怖い落はありません。

タンデライオンさんからの投稿。