最近の話なんだけど、電車での人身事故を目撃してしまった。
私と小学四年生になる娘と二人で家から二駅離れたショッピングモールで買い物をした帰り道でのことだ。

私たちが駅のホームで電車を待つ間に今日の買い物の話をしていると、
30メートルくらい離れたところにサラリーマン風の男がふらりと現れた。
駅のホームにたくさん人がいる中でその人だけが他とは違う異様な雰囲気を放っていたからよく覚えている。
虚ろな表情でボロボロの服、よろよろと千鳥足で立っているのもやっとなようだった。

「あの人なんか怖いねー」と娘と話していると、この駅を通過する快速の電車が来た。
するとその男がふら〜とした感じでその電車に頭から吸い込まれていく。

「ガン!」
と音とともに文字では起こせない音がホームに響いた。

その男が電車に轢かれたと私が認識できたのはその瞬間から少し間を置いてからだった。
私はあまりのことで理解するのに一瞬かかってしまった。

娘にこのことは見せてはいけないと思い咄嗟に目を隠す。
もし、電車の進行方向に私たちがいたら確実に娘に見せてしまっていただろう。
娘は「どうしたの?」と言っていたが
「みちゃダメよ」と私は言ってそのまま人混みをかき分けホームからエスカレーターで下った改札の近くのベンチへ座らせた。
駅は野次馬と電車待ちの人でごった返していた。

そうこうしていると、階段から担架に乗せられた男が降りてきた。
頭からすっぽりと白い袋を被せられ足はばらばらの方向を向いていた。
「ああ、やっぱり死んだんだな。」と、思った。
事故から時間が立って気が緩んだのと人間が死んだのを見るのが初めてのなのとで、その時は娘の目を塞ぐのを忘れてしまった。

そして、それから一時間くらいで電車が復旧し復旧したての電車は込み合うので一本後の電車に乗った。
その電車の車内で娘に「怖かったね」というと娘は「人って死ぬとあんな顔に、なっちゃうんだね」と言った。

それからは何事もなく家まで帰ることができた。
しかし、私はとても不気味な気持ちでいっぱいだった。


投稿者:新堂モダン