俺が大学時代の20年以上前の話。

友達がワンボックスの車を買ってもらったからって、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。
山奥で湖があって山道を歩くようなところなんだけど、結構有名なとこだったみたいで、
丸太で階段とか手すりが作ってあって整備されてて歩きやすいし、気温も丁度良くて本当に気持ちよかった。
しばらく歩くと、黄色と黒のロープが厳重に張られてて通行止めになってるところがあった。
コース的にそっちにも行けてしまうけど、
こっちに来ちゃだめですよーって物理的に行けないように止めてあるんだけど、
ロープがくくってある木をちょっと登ると越えられそうな、運動神経あれば行ける感じ。
紅葉にも飽き始めてたので、俺はその先にあえて行ってみることにした。
運動神経には自信があって、女の子にもかっこつけたかった。
周りの反対を押し切って、あまり深入りしないからってロープを超えて入って行ったんだ。

そしたら案外すぐ崖になってて、
落ちたら30~40M下の湖に落ちちゃうよっていう火曜サスペンスに出てきそうな場所だった。
まあ確かに危ないけどなんもないんだなーと思って周りを見渡してたら、
崖ぷちの木の根元に写真立てが崖側に向けて置いてあるのを見つけたんだ。
崖側に周りこんで見てみると、普通の家族写真で笑顔で父親、母親、子供3人で写ってた。
まさかと思って周りを見たけど生花もお線香もない。
しかし、写真立ては無造作に捨てられてるわけでもなさそうだった。
ちょっと気味が悪くなって、すぐに友達の元に引き返した。

みんな一応何かあったのかって聞いてくれたから、 
「崖があって、写真があって、花が置いてあった。」といたずら心から少し話を膨らませて答えた。
これは非常に不味かった。
女の子達は呪われるんじゃないかと言い出して泣き出しそうなほど怖がった。
まあまあ別に悪いことしたわけじゃないんだしとか言って、残りのコースを歩いて車に戻ったんだ。
そしたら、最初に車に乗り込んだ女の子が大絶叫。

すぐさま車の中を見ると、後ろの座席に写真立てが置いてあるんだよ。 
背筋が凍りついた。完璧に覚えてないからわからないけど、崖にあったのと同じ物のようだった。 
連鎖的に他の女の子達も悲鳴を上げて阿鼻叫喚の地獄絵図。男共も茫然自失状態。 
なんとか車の持ち主の友達が「うちの親戚の写真だわ。ごめん。ごめん」と訂正を入れて、
勇敢にも写真立てをトランクにしまった。 
強引すぎるフォローだが、その場は収まって、なんとか無事帰宅。

次の日に彼と会ったが、昨日の話はほとんどしなかった。
写真立てがどうしても気になったので聞いてみたが、トランクはおろか車の中のどこにもなかったらしい。
その日、彼が撮りまくってたインスタントカメラの写真が卒業しても配られることがなかったことを考えると、
俺よりももっと凄まじい物を見たかもしれない。


引用元: http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1388120101