一夜物語って知ってます?
某ゲームメーカーが出してる携帯アプリなんですけどね、その導入で狐の話がでるんです。
あの話・・・制作者が知ってるかどうかは別にして、実は非常によく似た話があるんです。

先日不思議な夢を見ました。 
夢の中で1人の男の子と遊んでるんです。
ベーゴマとかおはじきとか、ふた昔以上前の遊びです。やり方も知らない筈なのに。

暗くなってきてお家に帰ろうとなった時に、その男の子は遊び足りないのか、
「僕の家にきて一緒に遊ぼう」と言ったんです。 
でももう暗いし、早く帰らないとお母さんに怒られるからって断ったんです。 
それでもその男の子は、家においでとしつこく誘ってくるので、 
じゃああと一回ベーゴマ勝負して、負けたら行くよって言ったんです。 

でまあ勝負には勝って、その時は帰るって事になったんですが、 
帰る時に、その男の子がものすごい悔しそうな寂しそうな表情なんです。 
なんかいたたまれない気持ちになって、それでも「明日また遊ぼう」って言いながら帰ったんです。 

そこでふと目が覚めて、ああ夢だったんだ、不思議な夢だな、と思った瞬間、
耳元で「次は連れて行くからね」って聞こえたんです。 
その瞬間、ある事を思い出しました。
 
発端は今から20年近く前・・・小学校の担任が、HRの時に怖い話をしてくれました。 
寂しい孤独な狐の話・・・
話の内容は割愛しますが、非常に怖くて、でも何故だか妙に寂しい気持ちになったのを覚えています。 
話の最後に先生は、「この話を忘れた頃、みんなのところにも狐が迎えに来るよ」って言ったんです。 

で、ああ狐が迎えに来たんだなぁと思ったんですが・・・ 
もし最後負けていたら、私どうなってたんでしょうね・・・


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話をあつめてみない?156