にわかに信じられないんだが、うちのおふくろがおふくろの祖父に聞いた話。

母方のばあちゃんの実家は、漁師の網元だったらしい。
で、おふくろの祖父(以降祖父)が、よくおふくろに話していたらしい。

祖父が若い頃、海に出て漁をしていると、水死体に出くわすことがあったらしい。
事故にしろ自殺にしろ、水死体というのは無惨な姿で波間に浮いているんだが、
不思議と船に近付いてくるんだそうな。
当時まだ戦前だから、地方の漁師で船外機のついた船なんか乗ってるはずない。
引き離そうと必死に漕いでも付いてくるんだそうな。
小さなてこぎ船で一人で漁をしてるので、引き上げるわけにもいかないし、
生活がかかってるから漁を中断することもできない。

そういう時に、昔かたぎの漁師には、ある種のまじないみたいなのがあったらしい。
というのは、遺体に手を合わせて、
「スマンが今から漁をしなけりゃならないから、少し離れて邪魔をせんといてくれんか。
 そのかわり、あんたを何がなんでも陸に帰してやるけん」
ってお願いするらしい。
そうすると水死体は、いつの間にか波間に見え隠れするぐらいのところで、つかず離れずに浮いているそうな。
で、漁を終えて帰途につく時に、
「漁は終ったけん、今から帰るけんの。しっかり付いてきんさいよ」って声をかけて帰るんだそうな。
すると不思議と水死体は、つかず離れずの距離を保って港までついてくるんだそうな。

祖父が言うには、「どんなになっても人間ってのは、海にはおられんもんなんだろう」って。
何がなんでも陸に上がろうとするのが、人間の性なんでしょうね。


引用元:海にまつわる怖い話・不思議な話 12