幼稚園児の頃、友達がいたんだ。
年少組のとき同じクラスで仲良くなって、家が近かったので年長組に移ってクラスが別れてからも家を行き来してた。

あるとき、
その子が私の人形(多分当時新発売だった、リカちゃんの友達のいずみちゃんじゃーなかったかと記憶してる)を、
黙って持って帰ろうとしたことに、送って行き掛けの歩道の真ん中で気づいて大喧嘩をした。
幼稚園児の喧嘩だから、女同士と言ってもぼかぼか殴る蹴る泣きわめくの大騒ぎなわけで、
二人の間で取り合いになったいずみちゃんは、すぽーんと手から飛んで車道に落ちて、
タイミング悪く通りがかった車に踏まれて、足が片方取れて潰れてしまった。

それ以来その子とは絶交して遊ばなくなってたんだけど、
子供の感覚でほとぼりが冷めないくらい(一週間くらい?)の時期に、その子のお母さんがうちに来て、
足の取れた人形を捨ててなければ欲しいと言った。
未練があって捨ててなかったけど、
車に踏まれてヨレヨレ、片足は変形して取れてしまって、直せそうもないような状態だったんだけど、
どうしても欲しいといって、新しい人形を買ってくれといってお金を置いて、壊れた人形を持って帰った。

その子との友誼はその時に切れてしまったんだけど、
数年前に、小中高とその子と友達だったという人と話す機会があった。
オカルト話好きの繋がりで、又聞きでも良いんで実話怪談を…とかで出てきた話なんだけど、
友達の話として、
「小さい頃、友達の人形を壊したせいで人形に祟られて、同じ足を怪我した。
 母親がその人形を手に入れてきてお寺に持って行かなかったら、自分は死んでたかもしれない。人形はごく新しいきせかえ人形だった」
という話をしてくれて、
詳細付き合わせたら、どうやら間違いなく私の人形のことだろうという事がわかった。

事故の規模と怪我の大きさや治り具合が普通じゃない感じで、
人形をお寺に持って行ってから凄い勢いで回復して、
彼女がその話を昔話として聞いた時には、
傷跡を見なければ怪我をしたとは思えないくらい、普通に運動できてたらしい。

人形と足の怪我を結びつけて考える何かがあったのかどうかは、その子も語らなかったらしくてわからない。

ちなみに、その時その子のお母さんに貰ったお金は、
うちのおかんが接収したまま、私の新しい人形代にはならなかった。


引用元:人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<四巻目