あるカップルが車で夜の山道を走っていた。
しかし、しばらく走っていると道に迷ってしまった。

カーナビもない車なので運転席の男は慌てたが、そのとき助手席で寝ていたと思った助手席の彼女が、「そこを右。」などと道を案内し始めたのだ。
「なんだ、道知ってるのかよ」と思った彼だが、助手席から聞こえてくる彼女の案内にしたがって山道を走り始めた。
「そこを左。」「その道入って」など彼女の案内は続いた。彼は安心して運転をすることができた。

そして、「そこを左に曲がって。」
彼はハンドルを切って左に曲がった。

「!!!!」
彼は急ブレーキを踏んだ。

左に曲がったすぐ先は崖となっていた。落ちたら命はなかったろう。

「なんでこんな道を教えたんだ!」
彼は助手席の彼女に怒鳴った。

「死ねばよかったのに……」
寝ている彼女の口から低い男の声が聞こえた。