ちょっと前のことだが、JR新小岩駅のホームで変な男を見た。 
サラリーマン風の男が、
「僕の腕知りませんかー」「僕の腕知りませんかー」 
と甲高い大声を上げながら、ホームを行ったり来たりしている。 
ちらほらとまばらにいる他の乗客は無視しているのか、男を見ようともしない。 
左右どちらだったか思いだせないのだが、男は片腕がないようだった。 
スーツのアームホールがひらひらとたなびいていた。 
男から目を離し携帯を見ている間にどこかにいってしまったのか、男の声は聞こえなくなった。 

電車到着の放送が流れ、ホームに向き直すと、 
耳元で「知りませんかあ?」。
男の顔が俺の顔のすぐ横にあった。
俺は腰を抜かしそうになった。
パァーッと警報が響き、直後に電車がホームに入ってきた。 
よろめいた俺は白線の外に出てしまっていたようだ。
一瞬のことだった。
しかし、消えてしまったかのように男はいなくなっていた。 
男の吐息が耳元に残っている。絶対に気のせいではない。 

回りの視線がちょっと気になったので、電車は一本見合わせた。
ホームをよく見て回ったが、男の姿はなかった。
以来その男は見ていない。


引用元: 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?280