私の実体験です。

大学時代に、横浜の◯内駅前のファミレスで夜勤調理のバイトしてました。
一緒に働いているバイトで二名、いわゆる見える人がいて、

その二人(aとbにします)曰く、そのファミレスは霊の通り道なのだそうです。
私は初めは信じていなかった、というかビビりなので信じないようにしていたのですが、
ある時aと二人でキッチンで働いている時に、aが食器洗浄機を動かしている時に「邪魔すんな!」と叫びました。
私はaとは別の事をしていて離れていて、特に会話もしていなかったのでどうしたのか聞くと、
五歳ぐらいの子供が足元で遊んでいるらしい。
勿論そんな子供はいません。
何事もなかったかのように作業を続けるaに戸惑っていると、
接客してたbが「またあの子供いたね~」とか普通に言ってて、
なんとなく私も、見える人にとっては普通の事なんだな、と思うようになりました。

そのファミレスはデータ管理用のパソコンが二畳ぐらいの個室にあり、ドアに小窓が付いているのですが、
ある時bがそこで入力していると急に真っ青な顔で出てきて、誰かドアを叩いたか聞いてきました。
丁度キッチンから食器を下げる用の棚の向こう側にそのドアがあるので、ドアはキッチンから見えているのですが、
誰もドアには近づいてもいません。
b曰く、そのドアを「バン!!」と強く叩かれたとの事。
そんなはずはないとドアを見ると、小窓の所に手形がついてたり…
ちなみにそのパソコン部屋はヤバいらしく、
入力に時間がかかると、壁から二本手が生えてきて何かを探しているらしい。

そんな中で働いて二年が過ぎた頃、お盆の時期になり、
aとbが「やっぱこの時期は多いね~」といつものように話をしている中、作業していると、
視界の外れで、小さい子供が食器洗浄機に向かって走って行くのが見えました。
ハッと見ても誰もいない…深夜の二時半です。お客さんの中にもそんな子供いるはずない。
その事をaとbに伝えると、
「おー!見えるようになったのか!」とa。
「見えるようになったらしょうがないねー」とb。
二人の話によれば、霊感の強い人には先天性と後天性があり、
後天性の人は、霊感の強い人のそばにいると見える人になりやすいらしい。
ちなみに霊感が強い人は、意識して霊を見る事ができるが、
強くない人は、視界の外れとか見ようとしていない所で見えるらしい。
私は間もなくバイトをやめました。それから少し経ちファミレスも潰れてました。

現在私は霊感ゼロです。見える人にはなるべく接しないようにしてます。
私にとってあの時のaとbが洒落怖でした。
この世で一番欲しくないものは霊感です。


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?281