10年くらい前の話だけど・・・友人に誘われて山奥の渓流に釣りに行った。
自分は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランで、彼の案内に従って渓流をさかのぼって行った。

川の美しさに興奮しながら上流へと進んで行くと、やがて高さ10mはある滝にたどり着いた。
この滝もまた非常に美しく、私も友人も釣りを忘れてしばらくその滝を見上げ見つめていた。

うっとりと滝を眺めていると・・・・なんと・・・滝の上から水と一緒に裸の人間が落下してきた。
人間は落下の途中で岩にぶつかり、鈍い音をたてながら下に落ちた。
岩にぶつかるたびに手足がおかしな方向に跳ね上がっていたので、意識は無かったと思う。
当然かもしれないが、下に落下した後もぴくりとも動かなかった。

すでに死んでいたのだろうか・・・それとも落下によって死んだのだろうか・・・。
いずれにせよ、異様な光景に私と友人はどう行動すべきかとっさには判断がつかなかった。
しかし、とりあえず安否を確認しようとその人間に近づこうとしたとき、友人が「また来た!」と叫んだ。
見上げると、また裸の人間が滝から落下してきたのである。
この滝の上はどうなっているのか・・・思っていると、次から次へと別の裸の人間が落下してきた。
上手い例えが思いつかないが、流しそうめんのように人間が流されて落下してくるのである。
人間はどれも20代30代くらいに見え、男も女も流れてきた。
壊れた人形のように岩にぶつかりながら落下し、滝の下に折り重なっていったのだった。


早く警察に連絡した方が良いと判断し、友達と共に川を下り、
車に乗り数十分かけて来た道を戻り、電話が通じる様になってから110番した。
「10人以上人間が死んでる」
人数的にも場所的にも救急車は無理と言う事で、ヘリが飛んだ。
やがて待っているとパトカーも到着したので、警官に事情を説明した。
しかし、しばらくするとヘリからは『大量の死体など見当たらない』との連絡が入った。
そんなはずは無いと地上から歩いて川をさかのぼったが、死体はおろか滝すらも見つからなかった。

その後、私と友人は度々大量の人間の死体の幻を見る様になった。
幻は一緒に居る時に二人で見る事もあったが、各々が一人で見る事もあった。
大量の死体は、農家のビニールハウスの中に満杯になっていたり、海岸に打ち寄せられていたり、
到着したエレベーターにぎゅうぎゅう詰めにされていたり、様々な形で現れた。
滝での経験からもう通報等はしないが、忘れた頃に突然現れ、その時は非常に驚かされる。


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?292