実家の風習?というか慣習なんですが、
『年を越す時に自分の姿を見てはならない』というのがあります。
鏡はもちろん、水に映った姿も、例えば塗りのお盆に自分の姿が映ったものでもいけないらしいです。
『見てはいけない』というのはよくある話なのですが、映った姿は死ぬ時の姿なので見てはいけないそうです。
だから実家では、年越し蕎麦は早い時間にいただいて、遅くには眠ってしまうのが常でした。
小さい頃はそれでもよかったのですが、
大きくなるにつれ深夜まで見たいテレビがあったり、友達と弐年参りにいってみたかったり、誘惑は多くなっていきます。

ある年、どうしても年越しでテレビを見たかった私は、一人で23時過ぎまでおきていました。
親には24時までに寝るように言われていましたが、風習なんて信じていなかったので大丈夫だと思っていました。
テレビを見ながら、PHSで私は時報を聞いていました。テレビの中でもカウントダウンをしていました。
私は初めての夜更かしでどきどきしていました。
『23時59分40秒をお知らせします・・・・・・50秒をお知らせします・・・・』
時報が50秒をお知らせしますと告げた時、急にリモコンに触っていないのにテレビが消えました。
その時、私は自分の姿がブラウン管に映ったのを見ました。
反射的に目を閉じると、時報が0時を告げました。
0時が過ぎると何事もなかったかのようにテレビがふっとつきました。
1回だけなら偶然だったかもしれません。

その次の年もやはりテレビを見ていました。
日付が変わるその直前、やはりテレビがふっと消えました。
年が変わるとテレビは元通りになりました。
他の年、弐年参りにいった時日付が変わる少し前に、私の前で車が急停車しました。
車の窓に自分の姿が映った、と思った瞬間私は目を閉じその場から動けなくなりました。
他の年は、急に窓のブラインドが上がったこともあります。

まるで何かが年を越す時に自分の姿を見せ付けたいかのように、
日付が変わる時間におきていると何かアクシデントが起こるのです。
寝てしまっていれば何も起きていないようです。

4年前に結婚し姓が変わったのですが、
相変わらず日付が変わる時までおきていると、テレビが消えたり、マグカップが割れて水がこぼれたりしています。
『ガキの使い』が見られないのは寂しいので、録画して見ていますが、録画のほうには何も異常がありません。

年が変わるときに自分の姿を見たら何が起こるんですかね・・・
もし普段通りの自分の姿だったら、私は次の年を迎えられないのでしょうか・・


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?309