不思議で背筋が寒くなった話。
当時中3だった私。師匠ってゆうあだ名の女の子と仲が良くて、よく騒いでた。

確か冬の雨の日、その日あたしたちはノリで鬼ごっこをはじめた。
はじめにうちの校舎の説明しとくと、四角い建物のまんなかが四角く空洞になってて…
上から見ると回←こんな感じ。
で、各階に東階段と西階段があって。

まぁ鬼ごっこを始めたわけだ。始めの鬼は師匠。
「いい?追っ掛けるよ!」
そう言って師匠が追い掛けて来たとき、かなりの距離が空いてたんだ。
で、ほぼその距離のまま2階を何回もぐるぐる。
さすがに疲れてきた私は、一気に階段を登って4階の自分たちのクラスにかけこんでしまおうと考えた。
急に曲がって階段をかけ登り始める私。ここからがおかしいんだけど‥

3階に差し掛かるころふと振り向くと、師匠が急に私のすぐ後ろに迫ってるの。
しかも、なんか下むいて頭から突っ込んでくるような走り方。
顔がよく見えなくて、今まではギャーギャー叫びながら走ってたのに、なんもしゃべらないし。
あたしはなんか恐くなって、そのまま4階にかけ登って、
師匠が真後ろに付いてきてるのを確認してから、廊下を曲がって教室にかけこんだ。

教室に駆け込んだあたしの目に入ってきたのは…
一番前の席に座ってる師匠。
「は!?」
後ろを振り向くと、今まで追い掛けてきてたはずの師匠がいない。
「ちょっと師匠どうやったの!?すぐそこまで追い掛けて来てたじゃん!」
あたしはパニクって問い詰めた。
するとポカンとした師匠は、信じられない話をし始めた…
師匠の説明によると、
彼女はあたしが階段を登り始めた時点でおいかけるのをあきらめて、
反対側の階段から教室に戻ってたんだってさ。

…あたしは一体誰に追い掛けられてたんだろう。


補足。
なんかその階段を登ってる間中、やけに暗くて、変に静かだったのを覚えてる。
やけに階段がながーく感じられて。
それから恐くて鬼ごっこはしてません。


引用元:【異次元?】時空の歪みpart2【神隠し】