地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。

ここ数年は少なくなったが、
幼少から海女さんの真似事をしながらアワビやサザエなんかを取ったり、釣りをするのが子供の遊びだったんだ。
朝に堤防まで行くとまず旗をチェックする。(赤旗が立ってると漁禁止)
もちろん放送も入るから、誰もが暗黙の了解で守り、事故もなく安全に過ごしていた。

大型連休になるとまれに他所から海に泳ぎにくる人がいて、だいたい家族連れ。
しかも海水浴場ではないので何もない為、多くても3,4組の家族。

その日も赤旗が出ていたが、他所からくれば知るはずもない目印。
そんな中、家族連れの兄弟(小学生の男の子2人)が、
陸から25mほどの距離のテトラポットの付近を浮き輪で泳いでいたんだ。
しかし太平洋側ってのは基本的に波が高いし、赤旗も出てるからさらに高くなっていく。
波は何回かに一回大きな波がくるのだが、弟の方がそれに飲まれてしまい、
テトラポットに足が挟まり、浮き輪は風で飛ばされてしまった。

顔がかろうじて出るくらいで、お兄さんは自分の浮き輪に弟を捕まらせて何とか必死に励ましたが、
海水を飲んでしまい、父親が助けにくる頃には弟は意識をなくし、そのまま亡くなってしまった。

陸に上がってから、お兄さんは両親に「白い手が弟君の足を掴んでいた!!」と何回も訴えていた。
起こった事を要約すれば、波に足をさらわれ運悪くテトラポット挟まってしまったとなるのだか。

実は、白い手は素潜りをしているときに見たことがある。一瞬ではなく、友達に確認し何回も皆見ている。
ワカメや鱧と並んで、海底から何本も生えていたのだ。
今思えば、海に行く時は海を祀る神様の所に寄っていた為なのか、見かけても害はなかったので、
危険なものという認識はなかった。

改めて思い返すと、こうしたローカルルールというのも理由があっての事だと思う。
みなさんも出かける時に地元の人と話す機会があれば、ローカルルールを聞いておいて、
それを出来るだけ守る方が賢明だと思います。

子供の亡くなった場所の堤防沿いには、今も地元の人々によって献花されている。



以上、20数年前の話でした。長々と失礼しました 。


引用元:何でもいいから怖い話を集めてみない?Part3