これはうちのじいちゃん(既に逝去)に聞いた話。

じいちゃんは、鉄工所をやっていた腕利きの職人だった。
じいちゃんが若い頃(戦後間もなくだと思う)、仕事の得意先に製氷所があったそうな。
その製氷所のオヤジがじいちゃんに言うには、毎朝氷を買いに来る若者がいたそうだ。
できたばかりの一抱えもありそうな氷の塊を買って、自転車の荷台にゴムチューブでくくりつけ、
よたよたと去っていく若者・・・

ある日、毎日毎日氷を買っていく若者に、製氷所のオヤジが「なんで毎日氷を買いにくるのか?」と尋ねた。
若者は答えた。
「隣町に引っ越した幼馴染の娘が、病気で自宅療養している。
 しばしば発熱するから、せめて氷で冷やせるようにと毎日届けている」
若者は出勤前に氷を買って届けてから、仕事に行っていたらしい。
クーラーBOXなどない昔のこと、真夏などは届けるころには氷は溶けて小さくなってしまう。
それでも若者は毎日毎日氷を届け続けたそうな・・・

そんなある日、いつもの時間になっても若者が現れない。
製氷所のオヤジは、「何かあったのか?事故にでも遭ったんじゃなかろうか?」と心配していた。

そんなオヤジのところに若者がふらっと訪れたのは、昼休みになった頃だった・・・

「心配してたんやぞ!」というオヤジに、若者はポツリポツリと語り始めたそうな・・・
「今朝、いつものように家の門を出ると、そこに彼女が立ってた・・・
 驚いて色々尋ねかけたが、彼女は何も言わずにただじっとこっちを見てるだけだった・・・
 そして優しく微笑んで、『今日までありがとう・・・』と言って彼女は消えた・・・・」
彼は異変を感じて、すぐに娘の家に向かったそうだ。
しかし、彼が到着した時にはすでに娘はこの世の人ではなかった。
容体が急変して、その日の朝方亡くなったそうだ。

じいちゃん曰く、
「ずっと家から出られなかった娘が、死んでやっと自由になって彼に会いに行ったんだろうな。
 悲しい話だよ・・・」

うちのじいちゃんは昔ながらの職人気質で、口からでまかせを言うような人じゃなかったから、
俺はこの話を真実だと思っている。



引用元:◇ 心霊ちょっといい話VER.3 ◇