6年前の話になるが、今でも不思議な話。

私にはSという友人が居て、いつも一緒に行動していました。
その日もSと一緒に、次の授業で使うPCの教室(飲食禁止)で昼食を取っていました。
今思えば、学校の決まりはよく守るほうだった私たちが、なぜそこで昼食を取っていたのか不思議なんだが…
教室にも廊下にも誰も居ませんでした。
廊下に面してる壁がガラス貼りだったから、誰か居ればすぐにわかります。

くだらない話をしながらパンを食べていると、Sが「友達から聞いたんだけど」と、こんな話をはじめました。




↓以下、Sから聞いた話↓
市内で一人暮らしをしている友人がいるんだけどさ、その友達が家の鍵をなくしたの。
鍵には黄色い長いひもが付いていて、鞄を開ければすぐに鍵の存在が確認できるようにしていたらしい。
もちろん家を出るときは鍵をかけているし、外出先で紛失するような思い当たる事もなかったけど、
新しく作るとお金がかかるし、引き返して片っ端から道を探したんだって。
でもどうしても見つからなくて、結局新しい鍵を作る事にしたの。(その日はどうやって家に入ったのかは忘れた)

そのまま鍵の事は忘れて2年くらいたったんだけど、
ある日帰宅すると、ドアのノブに何か引っかかってたんだって。
何かと思って見てみると…2年前に紛失した部屋の鍵だったんだって。
しかも、黄色かったひもは緑に変色して、ドアノブにかけてあったんだって……

「うっわきめぇ…」と私。
「怖いよねー」と二人ですくみ上がったのをよく覚えています。
ちなみにSは怖い話が大嫌い。
この時は何で自分から怖い話をしてきたのかは謎ですが、別に気にもしていませんでした。

数日後…別の教室で、Sと他の友人達数人で話をしていました。
何かの拍子で私はこの前のSから聞いた鍵の話を思い出して、
「この前Sの話怖かったよねー」とSに振ると、「え?何の話??」。
「ほらー、鍵の話だよ。鍵のひもが緑に変色して戻ってきたってやつ」と、身震いしながら皆に話しました。
するとSから衝撃の一言が……
「え……?その話してたのH(私)じゃん?」

はぁぁ?と思って、
「何言ってんの?このまえPC1の教室で話してたじゃん。友達の話でって…」
「だから、それHが話してたんでしょ?私そんな友達居ないもん」
「うっそだー!!だって…」
と、なんと謎の現象が…。

その話をしていた日、時間帯、場所、その時に食べていたものを、二人で確認しあいましたが全て一致。
ただ、話を聞いた相手だけお互いすれ違っているんです。
私は絶対Sから聞いたので、しつこくしつこくSを問い詰めましたがらちがあきません。
周りのみんなは( ゚д゚)ポカーン


そういえば、Sは怖い話が超嫌い。
自分からこんな話をするなんて信じられないんです。
でも私は話していないし、鍵をなくした友人なんていません。
そのうちSが涙目になりながら、
「わかった!私が話したから!その話はこれでヤメ!!!!もうその話しないで!!!!!(涙)」
と言って、その場は収まりましたが。
それ以来、Sにその話をするのはタブーになりました。

二人とも一体誰からこの話を聞いたのか、今でも謎です。


引用元:ほんのりと怖い話スレ その46