私の家はいわゆる幽霊屋敷?的なものです。
まあ新宿区なので周りの人からはそんなふうな家に見えないらしいのですが私は「見える人」でどちらかというと霊の出てくるとこは隣の家って言うのが正しいですね。

私が覚えているかぎりでは小1からだったとおもいます。
私の家は3階建てで子供部屋が3階だったのでいつものように弟と遊ぼうという事になりいったんですよ。
弟はいたずら好きていつも私を驚かして遊んでましたから3階に行く途中で逃げたんですよね。
まあ怖いもの知らずだった私は先に行ってようと思い一人で行きました。
そしたら入って一番最初に見えるのが窓でその前を黒い2m位ある影か通りすぎてったんです。
もう怖くて無我夢中でリビングのある1階に走りました。

そんなことをわすれてた1年後、その時は夏だったんでめっちゃ暑かったです。
そんで床で寝ようと思ってゴロゴロしてたら隣に人がいてニコニコしてるんですよ。
ふつーに考えておかしいですよね?
でも私は小さかったのでそのまま話しました。

そんなこんなでまた次の年が来て隣の家に新しい人が来ました。
そん時に「ここって女の幽霊いますよね?」ってそこの家のお兄さんが言ってたんです。
私も見たことがあったのでこの人も見えるんだなとおもいました。

まあ私もそろそろ高校なので誰が生きてて誰が生きてないかわかるようにはなりましたが心霊スポットに行くと必ず吐き気と頭痛がすごいです。
そしてそのお兄さんが言うにはあの人は自殺をしてしまった人で私の家と隣の家を行き来しているらしいです。
数珠が壊れることもあるので私達はどうすることもできず隣のお兄さん一家は2年位で引っ越してしまいました。

その後も色々ありましたが悪い霊ではないと分かったのでそんなに気にしてません。

私の体験談でした。
ありがとうございました。


投稿者:るーちゃん