<<前作

コメントありがとうございました。
自殺、本当に色々と思うところがあります。
私の知り合いも、このお話に出てくるマンションで2人亡くなりました。
なんと言えばいいのかわかりませんが、少なくとも自分の仲の良い方達には絶対自殺なんてして欲しくないです。

それから、2回に分けて投稿になってしまいましたが、皆様の期待に添えるほど怖くないかもしれません。
なにせ本当に自分が体験したことなので、映画などのような恐怖感は味わえないと思います。
私は本当に怖かったですが。


前にお話しした出来事があったのは、小4のことでしたが、それ以降毎年冬になると、視線を感じるようになりました。

自殺のあったマンションと私の住んでいるアパートは

┳のようになっていて(━←こっちがマンションです。)私が住むのは4階なのですが、アパートの階段を登る前に右側にマンションがあります。

毎年視線を感じるのは、

・必ず夜。(冬なので暗くなるのが早かったですが、暗いときのみ視線を感じました。時間帯は覚えていません)
・周りに人の気配が無いとき

でした。

確か小6の頃、ふと距離が近付いていることに気付き、冬になるとアパートが近付けば階段まで走っていました。

両親にはあの日の出来事を話していましたが、視線のことは話していません。見た訳では無かったので…

ちなみに、視線の方を見てみたこともありますが、人一人見あたらなかったです。

中学生になり、「殺されてしまうかも」と思っていたので、友人に話したところ、冬は暗くなったら送ってくれるということになりました。

この視線の話だけで無く、住み慣れた団地にも関わらず不審者に追われることが多かったのもあり、その友人に限らず他の友人、友人の親も必ず送ってくれたり、両親が迎えに来てくれました。

そしてこの頃は特に、人間以外の者を見てしまったり、睨まれたり追いかけられたり…そんな事が多かったです。

(その前や後は、実体を見ることは極端に少なかったです)

そんな中学3年生の冬。

けして素行の良くなかった私は(両親や周りとは上手くやっていましたが、勉強が大嫌いで気付いたら周りはバカばかりでした)

受験生ということもあり、補導されたこともあり、門限があったのですが、23時でした。

送ってくれる約束もあったり、友人と親が仲良かったのもありいつもギリギリまで遊び、毎日階段下まで送ってくれていました。

そんなある日、珍しく寒い中外で遊んでいたときのこと。

気付けば22時半。周りの友人は楽しそうに遊んでる中、私は帰ることにしました。

「送ってく」と申し出てくれるまでもなく立ち上がった友人達に、何故か「今日はひとりで帰る」と言ってしまったのを覚えています。

友人達と別れ、少し歩いたとき。

ふと、車通りが全く無いことに気付きました。そして、人も歩いていない。

ヒヤッとしました。いつも怖いことがあるのは、こんな誰もいない、まるで知らない場所に来てしまったかのような時ばかりだったからです。

早足で進む中、もうひとつ嫌なことに気付いてしまいました。

私の通り過ぎる街灯だけ、消えるのです。

通り過ぎると点く。

近付くと消える。

家に着くまでの道のりの街灯、全て。

うわ~…。と思いましたが、「早く帰ろう」としか考えられません。友人達の元に戻る方が早いのに、いつもなら必ずそうした筈なのに、私はアパートに向かいました。

アパートが視界に入ると直ぐ、私は全力で走り、階段に足をかけたところでやっと一息。

怖かったけど、何もなくて良かった。

そんな事を考えながら、乱れる息をそのままに4階まで進みます。



ふと、視線を落とした時です。

「!!!」

声も出なかったです。

うちの階段は、真ん中に5cm程隙間があります。その隙間から下の階の階段が見えます(説明下手で本当に申し訳ないです…カクカクの螺旋階段みたいな、本当にありきたりの県営住宅です)

下の階段に、女の子がいたのです。

有り得ません。
只でさえ人一人見当たらなかった夜。
自分の呼吸音さえ聞こえるほど静かなのに、足音なんて聞こえなかったのです。

見た瞬間には、幽霊だとかそんなこと考えられませんでした。ただ立ち止まってガン見。

女の子の頭部。

綺麗な黒髪でした。セーラー服の襟が見えました。俯いているのか、顔は全く見えません。

私の住んでるアパートには、中学生は私と妹だけです。


目が離せなかったです。

そして、一段登れば見える筈の足は見えないのに、彼女の位置がまるで階段を登ってるかのように移動しました。

頭に過ぎったのは、マンション下の地面。

マンションの上から下を見ている錯覚。

あぁ、この人だ。この人に追いつかれたら死ぬかもしれない。

音も無く近寄るそれに、とてつもない恐怖を覚えました。

私は無我夢中で階段を駆け上がりました。

死にたくない。顔を見たくもない。

玄関が目の前、その時、勢い良くドアが開きました。

「早く入って!お前はどっか行けぇえぇ!マキなんかしたら許さんんん!」

叫んだのは母でした。

最初の一言は私に、その後は私の後ろを見てそう叫び、私の腕を引いて家の中に入りました。

呆然と立ち尽くす私に母は「危なかったね」と、部屋へと入っていき、私も急いで部屋に向かいました。


…以上です。

その後、その人の視線を感じることも、追われることも無くなり、不思議なことに不審者とも遭遇することは無くなりました。

あのときどうして母に分かったのか、ドアを開けてくれたのか聞いてみましたが、亡くなったおばあちゃん(母方)が玄関の方を指していたから、と言っていました。


これがあのキッカケから5年間身をもって体験した話です。


ハッキリ見てしまったような、腑に落ちないような…

今でも実家に寄るときは視界に入れないようにしています。


この体験の話の間に遭遇してしまった数々の恐怖体験や、元カレのチャラさが災いして何故か私が嫌な目に遭ってしまった話、友人が心霊スポットに行ったせいでまた私が嫌な目に遭ってしまった話、実家に住み憑く悪戯な女の人のお話…

また良ければ投稿させて下さい。


状況が伝わりにくく、表現力が足りなく申し訳ないです。
最後まで読んで下さった方々、本当にありがとうございました。


投稿者:マキ