小6のとき、(去年)あることがあった。
その日の次の日は連合運動会とゆう行事があったのだが、連合運動会に備えて準備をしてる時だった。弟に体育着の帽子を貸しっぱなしなのを思い出し、「おーい、K~(弟)おまえ帽子どうした?まさか学校に忘れたとか言うなよ?」と聞くと
K(弟)が
「あ~ごめごめ、忘れたわwwww」
と言った。

しかもそれは夕方の5時過ぎだ。今から学校に行くのは怖い。だが明日の朝取りに行くのもだるい。
迷った結果、結局学校に取りに行くことにした。
学校に着き、何しに学校へ来たか職員玄関にある紙に書き、5年の教室(弟の学年)のある3階へ向かった。
学校にある電気は職員室しか付いていなかった。職員室は二階なので、3階は真っ暗。自分は6年生側の、階段から登ったのでそのあいだ、
理科室、理科室第2、準備室、家庭科
室、図工室、そして五年生廊下の前にある、音楽室だ。あまり通りたくなかったが、通らなければ5年のとこへ行けない。ぎゃくに、5年の方の階段から行くとトイレやまっくらなとこを通らなければいけない。職員室がある6年生の方が一番良かった。

三階へつき、ダッシュで5年の方へ行った。弟は4組だったので1組、2組、3組、そして、3組と4組の間にあるトイレを通らなければいけない。
最初は何もなかった、無事、体育着の帽子を取り、戻ろうとした時だった。
2組からドンドンドンと音がした。
恐怖を感じたのだが見てみることにした。しかし、誰もいない。無事通れるかと思った、その時またドンドンドンと音がする。だが誰もいない。
幽霊を見ることはなく、その後も平和な日々を送れたが、その小学校にはこんなことが度々ある

風が吹いていないのにカーテンが揺れる6年2組、5年2組、5年4組、四年一組、四年三組。そして学校に謎の扉、しかも、それは絵の裏にある。

ここら辺で終わりにするが、また載せようと思う


投稿者:ふぅ