近所のある家に1年前、おまわりさんが来たんだ。
それで、40位の女の人が逮捕されんだ。仮に惠さんとでもしておこうか。
何でも近所のOLさんをねたんで、度を越した嫌がらせをしたんだが、OLさんのお母さんがあまりの嫌がらせにショックで心臓が止まって亡くなったんだとさ。騒音おばさんっていうのかな。
タチが悪いのが、惠さんのだんなさんが、地元の祭りの有力者(チンピラ)だったから、周囲が惠さん家を怖がって止めなかったんだよんね。だけど、死人が出たからさすがに逮捕されたよ。
でさ、その惠さん、中高生の女の子がいるので、自宅に一時帰宅許可されて、帰ってきたときに、一家で首をつったのよ。女の子たちだけでなく、お舅さんとお姑さん、酒屋を営むだんなさんも、道連れに・・・。
で、出るのよ。俺見たんだよ。そこの家は、すぐに取り壊されたんだけど、夜中にタバコを買いに行ったときに、うっすら家と窓の中の惠さん一家が見えるんだよ。
で、話し声が聞こえるわけ。あの甲高い声は、きっと惠さんだね。
「最後だから、言っておくわ。
私は、OLさんんが妬ましかった!自分の親と一緒に暮らせて、好きに会社勤めできて、嫁姑の苦労もない、子育ても家事も何にもしなくていい。それに、あんなに大きな一軒家を親に立ててもらって、ローンもないなんて・・・。私なんて、新しい服もめったに買えない、美容院にもいけない、子どもはあなたに似て勉強できない。しかも、あなたはいつも村の寄り合いで夜お酒を飲みに出かけて、ほとんど帰ってこない!祭りのどこが大事なの?あんなことに給料をつぎこんでろくに生活費も入れてくれなかったじゃない!私は本当にひとりぼっちだったのよ!あげくのはてに、OLさんの家にお金を借りにってたって本当?はずかしいったらありゃしない。あの家にお金どころか、賠償で、うちはもうやっていけない。OLさんは絶対に許さないって・・・。あそこのお母さんは、まだ仕事をしていて、2億は払わなくちゃいけない。もう、葵、穂、お母さんを許して・・・。あなたたちはもう生きていても無駄。私のせいで進学も結婚も就職も無理だわ。私たちの人生は終わったのよ」
そして、一瞬の沈黙のあと、血しぶきが飛んだ。
次の朝、家の跡地の前を通ったけど、更地が広がるだけだった。ただ、赤茶色に汚れた「遺書」と書かれた紙が落ちていた・・・。


投稿者:夜道