この話は、私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。

そのビルは、警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いていて、
警備室の集中モニターで監視するシステムになっていました。
主な仕事の内容は、モニターの監視と定時の各階の見回りです。

その夜は30代のAさんと二人で勤務していました。
私が午前1時の見回りを終えて警備室に戻ってくると、Aさんがモニターを凝視していました。
Aさん「4階のモニターが真っ暗なんだよね。エレベーター前の照明切れてた?」
私「あれ、ほんとだ。照明切れてる階はありませんでしたけど…」
夜間は店舗の照明は落としてますが、監視の為にエレベーター前の照明だけつけています。
Aさん「俺ちょっと見てくるわ」
Aさんは警備室を出ていきました。
私は変だなと思いながらも、特に深く考えず、椅子に座って見回りの日誌を書き始めました。

日誌を書き終えた頃、ふとモニターに目をやると、4階のモニターが真っ暗…というより、真っ黒になっていました。
これは照明が切れているというより、監視カメラ自体の故障だと思い、Aさんに知らせる為に私も警備室を出ました。
エレベーターで4階に着くと、エレベーター前の照明はついていました。
やっぱり監視カメラだなと思いながら辺りを見まわしましたが、Aさんが居ません。
Aさんを呼びながら廊下を歩いて非常トビラまで行きましたが居ませんでした。
店舗は全て施錠しているので入れません。
おかしいなと思いながらエレベーターに乗って1階に戻りました。

警備室に戻るとAさんが居ました。
Aさん「4階の照明切れてなかったわ。監視カメラの故障だな。お前どこ行ってたんだ?」
私「それを伝えに4階行ったんですよ!Aさんこそどこに行ってたんですか!?」
Aさん「わりぃわりぃ、業者に修理依頼出すのに監視カメラの型式番号いるな。ちょっと見てきてくれ」
私「分かりましたよ…」
警備室を出てエレベーターに乗りこみ、4階のボタンを押す。
トビラが閉まる直前で慌てて手を入れエレベーターから出ました。
監視カメラは天井近くの壁に付いているので脚立がいる。警備室に脚立を取りに戻りました。

再び警備室に戻るとまたAさんが居ない…。
まったくあの人はしょうがないなと思いながら、脚立を取って警備室から出ようとした時、ある事に気付きました。
さっきAさんを探しに4階に行った時に…何で途中で会わなかったんだ…?
このビルのエレベーターは1台だけです。
外に非常階段がありますが、各階の非常トビラは内側から施錠するタイプで外からは絶対開けられません。
疑問が恐怖に変わっていきました。
脚立を持ったまま固まっていると、警備室の外から足音が聞こえてきました。私は咄嗟に鍵を閉めました。
ガチャ…ガチャガチャガチャ…ドンドン…
私「すいません!Aさんですか!?」
ガチャガチャ…ガチャガチャ…ドンドン…ドンッ!
私「すいません!ごめんなさい!Aさんですか!?Aさんですか!?こたえてください!」
ドンドン…ドンドン…ガチャガチャ…ドンッ!ドンッ!
Aさんではない…。まずい…どうする…。
蹴っているのか、衝撃の度にトビラが歪みます。私は体でトビラを押さえました。
モニターを見ると、1階、4階、7階のモニターが真っ黒になっていました。
どうなってるんだ…
私は半泣きになりながら、今にも蹴破られそうな衝撃を体で押さえていました。
警察呼んでも来るまでトビラがもたない…逃げるしかない…。
天井近くの壁に明かり取りの窓がある…。机に乗って何とか窓から外に出れる…。
タイミングを見ながらトビラから離れ、一気に机に飛び乗り、窓を開けました。
しかし窓の外に見たものは…血だらけの女の顔。
両目がおかしな方向を向いている。眼球が飛び出ていたのかもしれない。
天井近くの窓なのに浮いているのか、至近距離で見てしまった。
視界に黒い点が増えていき、やがて真っ黒になりました。気絶したんだと思います。

遠くで自分の名前を呼んでる声が聞こえました。気が付くと、警備室のソファーの上でした。
昼勤のBさん、Cさんが私の顔を覗き込んでました。
Bさん「おいっ!大丈夫か!?どうした!?何があった!?」
Cさん「救急車呼ぶか!?」
私「いえ…大丈夫です。すいません…」
意識が朦朧とした中、話を聞きました。
朝二人が出勤してきたら正面玄関が施錠されていたので、鍵を開け、
警備室のトビラも閉まっていたので不審に思いながら鍵を開けると、私が机の上で倒れていたそうです。
Bさん「Aはどこにいる?どこに行った?」
その言葉で我に返り、説明しました。Aさんか分からなかったのでトビラを開けなかったと。
Cさん「Aか分からなかったって、モニター見ればいいだろ?」
モニターに目をやると、各階綺麗に映っていました。
そんなはずない…。確かに1階、4階、7階のモニターが真っ黒になっていたはずだ…。
私「すいません、モニターを戻してくれませんか?」
巻き戻っていくモニターを見ながら、真っ黒の部分が出てくるのを待ちました。
Bさん「止めろ!…おい…これ…Aじゃないか!」
警備室外でトビラを叩いていたのは確かにAさんでした。
私「何度も聞いたんです!Aさんですかって!でも全く返事が無かったから…」
Bさん「しかし何でAは鍵開けないんだ?持ってるだろ?」
Cさん「おい!これなんだ!?」
Cさんがモニターを指差す部分、廊下奥の非常トビラの方から、
警備室トビラを叩くAさんの後方に、カクンカクンと近付いてくる影。
その影がAさんの背後まで来ると、照明に照らされて、それが女だと分かりました。
ただ、首や手足の間接が有り得ない方向を向いていました。
私が対面した女はこれだと確信しました。
Aさんは全く気付く感じも無く、ただひたすらトビラを叩いていました。
女はAさんにおぶさるように抱き着くと、そのまま二人とも消えてしまいました。
Bさん「…連れて行かれた…」
Cさん「おい!なんだよこれ!?どうすんだよ!?警察呼ぶか!?」
私「すいません!モニターを1時まで戻してください!」
どうしても確かめたい事がありました。
モニターには1時の各階の映像がでています。
ちょうど見回りをしている私が映っていました。見回りを終え警備室に戻る私。
おかしい…4階モニターは綺麗に映ってる…。
しばらくすると警備室からAさんが出てきました。
4階を見てくるって出て行った時だ…。
1階エレベーターに乗りトビラが閉まる。
4階エレベーターのトビラが開き、出てくるAさんの後ろにさっきの女。
照明を見たり、監視カメラの方を見るAさん。
後ろにいる…。背負っている…。Aさん気付いてないのか?
再びエレベーターに乗るAさん。女も一緒に。
次にAさんがモニターに映ったのは1階エレベーター前ではなく、何故か7階エレベーター前。
今度は明らかに様子がおかしい。
女を背負いながら、フラフラと、モニター奥の非常トビラの方へ。
非常トビラの鍵を開け、外に出ました。女を背負ったまま。
ちょうどその頃、私が4階モニターに映っていました。
Aさんを探して、見つからず警備室に戻る私。
この時、私が話したAさんは誰だったんだろう…。
しばらくして警備室から出てくる私。
エレベーターに乗って、慌てておりて、脚立を取りに警備室に戻る私。
しばらくすると、1階モニター奥の非常トビラの方からAさんがフラフラ歩いてきました。
外から開けれないのに…どうやって入ったんだ?
Aさんは警備室前までくると、必死にトビラを叩いていました。
何かに追われているように、必死に助けを求めているように見えました。
Bさん「おい!非常階段見に行くぞ!」
3人で1階非常トビラを開け、外に出ましたがAさんは居ない。
Bさん「7階まで上がるぞ!」
非常階段をあがっていくと、4階くらいでBさんが急に立ち止まり、下を覗き込みました。そして下を指差しました。
Aさんが居ました。2階の一部せり出した部分に、変わり果てたAさんが横たわっていました…。

その日、警察の現場検証が行われました。
7階非常階段の手すりから、乗り越えた時に付いたであろうAさんの指紋と、靴跡が出ました。
私がモニターを見せながら説明していると、警察の方はどうも自殺のような処理に持っていくので尋ねました。
私「あの?この女が突き落としたと考えないんですか?もしかして見えてませんか?」
警察「ああ、これね。こんなにはっきり映ってるのは珍しいんだけどね。よっぽど怨みが強かったのかね…。
 でも明らかに生きてる人間じゃないでしょ?捕まえようが無いし」

警察から解放された時には既にその日の夜勤の人が出勤してきていました。
一通り引き継ぎを終え、Bさんと二人でビルを出ました。
Bさん「お疲れのところ悪いんだけど…少しつきあってくれないか?」
私「ええ、大丈夫ですよ」


近くの居酒屋に入り、軽く飲んだ後、Bさんが話し始めました。

AさんとBさんは、今の警備会社に勤める前も同じ職場に居たそうです。
実はあのビルの4階に、以前二人が勤めていた会社の事務所があったそうです。
当時のある朝、Bさんが出勤してくると、給湯室で揉めているAさんと事務員を見つけたそうです。
Aさんは結婚していて奥さんが居ましたが、その事務員と不倫関係にあったそうです。
事務員はBさんの顔を見ると給湯室から飛び出して行きました。
ところが朝礼時間になっても、その事務員の姿がなく、
朝に顔を見ていた他の社員達も不審に思い、全員で探したそうです。
ちょうど2階の一部せり出した部分で、Aさんが死んでいた同じ場所で、直視出来ないくらいの惨状だったそうです。
7階からの飛び降り自殺でした。
しばらくして、Aさんの奥さんは事故で亡くなりました。
みんな口には出しませんでしたが、誰もが事務員の怨念だと思ったそうです。
その後、不況の煽りで会社は倒産、
Bさんはこのビルの警備会社に知り合いが居たので、Aさんを誘って、二人で警備員になったそうです。

Bさんはそこまで話すと、一息ついて、自分を責めるように言いました。
Bさん「俺が警備員に誘わなければ…Aは死ななかったかもな…」
私「そんな事言わないでください。そんな事言ったら、私は必死に助けを求めていたAさんを見殺しにしたんですよ?」
B「いや、あの時、お前はトビラを開けなくてよかったんだよ。
 モニター見ただろ。あの時、トビラの外に居たのは生きてるAじゃなかったんだぞ。
 もしもトビラを開けていたら、お前はAの魂と一緒にあいつ(事務員)に連れて行かれたぞ」
私は背筋が凍りました。
Bさんは深く溜め息をついた後、再び話し出しました。
Bさん「それにしても、女の怨みは凄まじいな…。
 Aのカミさんを殺して、Aまで自分と同じように殺したのに…。
 それでも怒りがおさまらず、逃げ惑うAの魂までも追い回すなんて…。
 やっぱり連れて行かれたんだな…。Aは俺のことを怨んでるかもな…」

私はすぐに警備員のバイトを辞めました。
Bさんもそのうち辞めると言っていましたが、その後は分かりません。
しばらくして、一度気になってBさんの携帯に電話してみましたが、現在使われていませんとのガイダンスでした。
無事で居てくれてればいいのですが…。



投稿者:たけ