これは、私が幼稚園位の時に経験した不思議な体験です。
その当時私は家族で沖縄のアパートに住んでいました。
2Dkの古いアパートでした、その日も暑い夜でなかなか寝付けずにいた私は怖がりで親をよく起こし夜中一緒にトイレについて行ってもらって行っていました。
夜中あれは2時位だったと思います、再度親を起こしましたが中々起きてくれません、仕方なく寝室から一人でトイレに向かいましたアパートの作りが玄関脇にトイレがありましたのでそこを通った時にゾッとしました。

玄関の所に自分と同じくらいの女の子が立っていたような気がしたので見直すとやはり立っているのです。
ビックリして父親をなんとか起こしその事を伝えました。私の父親は少し怒り気味に玄関の方に来てくれましたが、「どこにいるのそんな子・・・早く寝なさい。」と見えていない様子でした、私は恐る恐る目を閉じてトイレに入り用をたしたあと布団にくるまり朝まで眠れなかったのを覚えています。
最近当時の事を思い出し父親に話した時にさらにゾッとしました。
そのアパートが建つ前は戦争で爆撃が沖縄でもあり、お墓や民家など地形がわからなくなっていた所もあったとの事、その跡地に今は建物が多く立っているのだと言うこと、推測するにもしかしたらお墓の上にアパートがあったのかもしれないと言われました。


投稿者:海ん(^3^)/