身バレするかもしれないから詳しくは言えないけど、某長寿番組に開かずの扉を開けるって企画で出たことがある。

割と年代ものの寮で、俺らの代で廃寮になることが決まっていた。
寮生の私物を入れるでかいロッカーが置いてある部屋があって、
ロッカーの後ろに押入れがある事に、ある日一人が気づいたんだ。

ロッカーを動かしてみようか、ってなったんだけど、
何しろでかいし重いし、折角だから有名な某番組に投稿しようぜ!ってなって。

それが採用され、5月にタレントがやってきた。
最後の寮生である俺と後2人が立ち会って、ロッカーを退け、押入れを開けると。
そこには大量の朝○日報。
そして木製バット。
○鮮日報は殆どが綺麗に折り畳まれてたけど、血のシミぽいドス黒いものが大量に付着して、
ぐちゃぐちゃにされたものも結構大量にあった。
それらを取り出して更に捜索すると、押入れの壁は落書きだらけ。
だいたい日本語だったけど、ハングルやよくわからない文字もあった。
お札も貼ってた。

結局テレビではボロっちい寮で暮らす生活を面白おかしく取り上げて、
開かずの扉んとこは、取りあえず無難そうな顕微鏡と謎の皿を映しただけで終わった。
取り出したものは、全部カメラマンさんやタレントさんが戻して、ロッカーも元通りにしてくれた。
そういうのはADさんの仕事だと思ってたから、タレントさん自らやるのにちょっとびっくりした。

もともとめっちゃ古い寮で、
トイレのそばに学生闘争時代のポスター(1979年×月×日、○○が死んだ!彼の遺志を継げ!みたいな物騒な内容)
がいまだに貼ってあって、さもありなんとは思ったけれど、
やっぱり血のシミが付いた朝○日報と凶器っぽいバットには血の気が引いた…。

その番組が放送された後、
その寮の出身者と思われる目のイッちゃった占い師を自称する女性(男女混合寮)が訪ねて来て、
現役寮生が席を外した間に、過去~現在までの寮生名簿を持ち去るという事件もあったorz
一応返却はされたんだけど、コピーされててもわからんよね…

俺らが在寮してる時にはもう思想的なしばりなんて何もないとこだったけど、
同じ大学や近所の大学では、未だに学生闘争引きずって何やら活動してる寮もあったようだ。
一応2000年代後半だったのに。
実家が貧乏で仕送り期待できない、でも一人暮らししたい、なんて軽い気持ちで寮に入ったけど、
集団ってやつは何処にでも闇が潜みやすいんだろうなと思う。


引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326