不思議な話と言うことで『アタル』人、列車についてつらつらと。

鉄道会社って結構迷信くさいところがありまして。

まぁ昔は突放(とっぽう)やら保線(ほせん)やらで何かと命の危険の多い職場であったと言うこともあるんでしょうが、神棚は各駅に配備、切ると祟られる木は、木を切るのではなく、線路を覆い(おおい)で囲って回避って感じです。


そんな職場ですが、一番信じられているジンクスがありまして、それが『アタル人』『アタル列車』なんです。


何が『アタル』のかと言いますと、異常事態にあたるわけでして、人身事故、雨規制、車内トラブル・・・まぁ列車が大幅に遅れる要因にあたるわけです。

職種は関係なく一般社員、車掌、助役、果ては輸送指令までアタル人はとことん当たります。

曰く、某社員はホームで立ち番をすると遅れるとか(打率8分5厘)特急に乗務すると必ず何か起きる乗務員とか、一斉放送聞くと「ああ、またこの指令か・・・」なんて思ったりすることもあります。

列車の場合ですと、某特急の初期配備車の片割れは人身事故のオンパレードで、特急で人身事故が発生し、当該列車の編成番号見て「ああやっぱりか」なんて事はしょっちゅうです。

ちなみにもう一つの片割れは車両故障の宝庫で、某駅でパンタグラフ(集電装置。電車の上についている菱形のアーム)を落としたことがあったように思います。

上記の編成ではないのですが、下りで人撥ねて、上りでも撥ねたなんて車両も存在します。

偶然の産物のような気がしますが、

「今日は○○指令に、○○助役か・・・こりゃなんかあるな・・・」

「おい、○○。今日は列車遅らすんじゃねぇぞw」

「げぇ、今日△編成かよ・・・勘弁して・・・」

とまぁ、こんな感じに、一般の人から見ればなんじゃそらって感じでしょうが、以外に皆さん信じてます。

案外今日もどっかでアタル人が何かに当たってるかもしれませんね。

長文失礼


転載元:鉄道にまつわる怖い話、不思議な話