小学校の修学旅行で泊まった旅館で、風呂に入る為に大浴場に皆で移動している時、
向こうから三人組のおばちゃんたちが歩いてきた。
その中の一人のばあちゃんが俺と目を合わせて唐突に、「あらぁ?うちの孫よろしくねぇ」と言った。
俺も皆も完全に?だった。
ばあちゃんはにこにこして去って行った。

数年後、高校に入学した俺に仲の良い友達が出来た。そいつとはいつも一緒につるんでた。
ある日そいつんちに遊びに行くと、修学旅行の時のばあちゃんがいた。
間違いなくそのばあちゃんだった。
「あらぁ?来たの。いらっしゃい」
あの日と同じにこにこした顔でそう言われた。
「ばあちゃん、じゃぁこいつなの?」って友達は驚いた顔をしてばあちゃんに言ってた。

後で聞くと、友達のばあちゃんは何か色々分かる人らしく、
数年前にばあちゃんが旅行に行った後に、
「高校生になったらとっても長く付き合える子に会えるよ。ばあちゃん先に会って来たw」と、友達自身も言われてたらしい。
友達はいつもの事だとその時は「ふぅん」と流したけど、
「女だと思ってたし。楽しみにしてたのにお前かよ」とか言ってた。
それはこっちのセリフだ。

一番不思議なのは、
俺に会った時ばあちゃんは夫婦(つまり友達のばあちゃんとじいちゃん)水入らずの旅行中だったらしく、
だったらばあちゃんの両隣にいたおばさんたち、誰?ってとこなんだけど。
友達のばあちゃんはやっぱにこにこしながら、
「あらぁ?見えちゃった?」って言うだけだ


引用元:ほんのりと怖い話スレ その105