あれは高校2年の夏の夜でした。

僕はその日部活の試合がありめちゃめちゃ疲れていたため早く寝ようと晩飯、風呂をさっさと済ませました。

自分の部屋に行きベットに倒れこむといっきに眠気が襲い僕はカーテンを閉めずに寝てしまいました。

そしてその時カーテンを閉めないで寝てしまったのが間違いでした。

僕は疲れているにもかかわらずなぜか夜中に目が覚めました。

物音ひとつしない静かな部屋…。僕はカーテンが開けっ放しにしてある窓が気になり閉めようと起き上がろうとしました。

でもここである違和感に気付きました。

体が動かない。

僕は「うわっ!金縛りかよ!」と思い必死にもがきました。

しかし全く動きません。それどころか余計に体が重くなりどこからか誰かに見られている視線も感じてきました。

僕はその時も窓に目を向けていました。そして視線はその窓の方から感じます。

これはやばいなぁと思った僕は視線をずらそうとしましたがなぜか目が窓にいってしまう。

すると窓の外に何かが浮いてました。それは人の頭で首から下がないんです。

僕の部屋は2階なので誰かが覗いているなんて有り得ません。

僕はさっきよりも必死に目を違う方へやろうと抵抗しました。

でもやはり無駄。そして生首は僕を見ていました。額が割れ、髪は乱れ、血だらけの落ち武者のような生首が…
僕はその瞬間意識が飛び目が覚めると朝になってました。

それ以来カーテンはいつも閉めて寝る様にしています。



投稿者:ななし