修学旅行の学生が京都のある旅館に泊まった。

その旅館は新館と旧館があり、学生たちは

旧館に泊まった。

二人一組でひとつの部屋に泊まった。


そしてその夜・・・

Aがいきなりこう言った

「新館は出ないらしいけど、旧館はよく出るらしいよ・・・。」

B「出るって何が出るの?」

A「幽霊だよ」

B「出るわけないだろ。笑」

A「それがなぁ、夜中にいきなりドアをノックされるらしいぞ」

B「そんなの噂だよ。じゃあもう疲れたし寝るか」

A「わかった。おやすみ」

そして真夜中になるとBはなぜか起きてしまった。

寝ようとするがなかなか寝れずにさっき話を思い出してしまった。

思い出したら怖くなったので、寝ようとした瞬間に

コンコン

とドアがノックされた。

Bは驚き大急ぎでAを起こした。

B「お、おい、起きろよ・・・」

A「なんだよ、こんな真夜中にいきなり起こして」

B「ノ、ノック・・・」

A「ノック?なんだよノックって」

B「誰かがドアをノックしたんだ・・・」

A「はぁ?寝ぼけてんのかお前?誰もノック

なんかするわけねぇだろ」

次の瞬間に

コンコン

とノックされた。

二人は凍りついた。

A「マ、マジかよ・・・」

B「と、とりあえず出てみるか・・・?」

A「危険すぎるからやめたほうがいい・・・

そうだ、こっちもノックを返してみよう」

B「危ないからやめろよ」

A「い、いいから、まかしとけよ・・・」

そしてAはドアに近づきこう言った。

A「質問していいですか?

答えはノックで返してください、簡単な質問をするので、答えてくださいね。

一回のノックで、はい、ということで、

二回のノックで、いいえ、ということでお願いします」と言った。

A「あなたは幽霊ですか?」

コン

A「悪い霊ですか?」

コンコン

A「早く成仏したいですか?」

コン

A「あなたの他に幽霊はいるんですか?」

と言った瞬間、部屋中から

コンコンコンコンコンコンコンコンコン

と大量にノックの音が鳴った・・・


投稿者:ななし