朝、林道を車で走って現場へ向かう途中。
前を歩いてた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。
運転してた相方は「おまえ何してるんだ」と言い、
「よけてくれたから会釈したんじゃねぇか、人が歩ってても徐行もせんと」と返したら、
「誰もいない」と言う。
振り返ったら、やっぱり誰もいない。隠れるところもわき道もない。
道の山側も谷側も絶壁。
ちょっと長い隋道をいつものように車で走っていると、後ろからターボエンジンの爆音が聞こえてきた。
「えらアオってんなぁ」とバックミラーを見たが、後続車はない。
車の影はないのに、暴走族のような不規則な爆音だけがピッタリとついて来る。
相方「聞こえるか・・・」
オイラ「聞こえてる・・・」
相方「後ろにゃなんもねえよなあ・・・」
オイラ「なんもねえ・・・」
「うわあああ!」と、二人でひっくりかえった声を出し、
ブレーキを踏んで減速すると、(隋道の真ん中で停車するのも怖い)
ターボエンジンの音だけがオイラ達の軽トラを追い越して行った。

翌日、落ち着きを取り戻した二人は、
「昨日のアレは、自分の軽トラの音が、隋道の中で反響して聞こえたのだ」
「追い越されたように思ったのは、軽トラが隋道の半分を過ぎた時、音の跳ね返る向きが変わったのだ。
 行くのか来るのかわからない、救急車のサイレンと同じだ」
と結論を出し、なぜか「今日も聞こえるはず」と決めてかかり、同じ時刻に同じ隧道を通り抜けた。

あの音があの日だけのものであったことは言うまでもない。
忘れもしない10月13日、埼玉県成木の吹上隋道での出来事。

枝打ちをしていると、20mほど下の方で二人連れらしき女の話し声がする。楽しそうに笑っている。
たまに鉄砲撃ちが犬を連れて入ってくる事はあっても、一般のハイキングのオバサンが歩けるようなところじゃない。
もちろん道なんかない。
風に乗って遠くの人声が聞こえてきたのでは、と思ったが、尾根にもハイキングコースはない。
これは相方も聞いていて、気味悪がっていた。

夏の草刈の時に、現場のすみの方で、小柄な老人がジッとこちらを見ていたことがある。
好意も悪意も感じられず、ただ仕事振りを見ている、というカンジだった。
オイラが会釈をしても全く意に介さないふうで、
相方に「あのジイサン知ってるかよ?」と訊いたんだが、見えてたのはオイラだけだった。

その日は小雨のそぼ降る梅雨近い日だったが、ジイサンは4~5時間はそこにいたろうか。
百姓のような身なりで、古くからの地元の人、という印象だった。

別の草刈の現場ではこんなこともあった。
敷地の境近くを刈っていると、境界の向こうの隣の敷地から草刈機の大きな音がする。
エンジンの調子が悪そうな大ぶかしの音。
でも隣の筆には作業者なんか入ってなかった。
その音はすぐやんで、それっきり聞こえなくなったので、空耳だろうということにして作業を続けていた。

そのうち煙草が吸いたくなったので、きりのいいところで休もうと考えていたら、
耳元で誰かが「一服だんべぇ」とささやいたのだ。
あわてて相方を探すと、はるか遠くに草刈機をふるう姿が小さく見える。とても声の届く距離じゃない。
「わかったから話しかけねぇでくれ」と、思わず声に出して言っちまった。

そのあとも「一服だんべぇ」は、3~4回オイラにささやき続けた。
山を降りて、ふもとの部落の人に「昔誰か作業者が死ななかったか」と訊いてみたが、そういうことはなかったそうだ。
あの声の主は誰だったんだろう・・・。

さらに別の草刈の現場では、『3人』に囲まれてかなりパニクった。
その時ばかりはすごい悪意と害意を全身で感じた。
一体何が気に入らなかったのか解らんが、『何かされる』と感じたオイラは、
「仕事してんだよっ、忙しいんだよっ、たのむから邪魔しねぇでくれよ!!」と大声で怒鳴った。
自分が呼ばれたと思った相方は、エンジンを止めて「呼んだかぁー」と言った。
真夏の昼下がり、気温は40度を越えていたが、冷たい汗をベッタリかきましたとさ。



転載元:不可解な体験、謎な話~enigma~ 11