中学二年の終わりに引越すことになった。
引越しの前日、家の前を同級生のM君がブツブツ独り言を言いながら歩いているのを見つけた。
M君とは幼稚園から中二まで同じ学校で家も近所だったが、小学校の低学年以来話すことは殆どなかった。
M君は小太りで運動神経が鈍く、気の弱い、友達の少ないタイプで、私は苦手だった。

だから何故あの時M君に声をかけたのか、自分でも分からない。
でも、その時の会話はハッキリ覚えている。

「何ブツブツ言ってんの?」
「変な約束しちゃったよぉ、変な約束しちゃったよぉ」
「誰と、どんな約束したの?」
「約束だから言えない…でも転校するんだっけ?じゃあいいかなぁ。
 俺が俺じゃなくなるんだ…ア~やっぱダメだ。約束だから言えない」

そしてM君は行ってしまった。

先月、中学二年まで在籍していた中学の同窓会があった。途中で転校した私も出席させてもらった。
懐かしい面々の中、知らない顔。しかもカッコイイ。
私は友達に「あの人誰」と尋ねた。
友達は「M君だよ」と教えてくれた。
私はビックリして、「M君変わったね。別人みたい。昔はドンくさかったよね」と言った。
すると友達は「え~、M君昔から人気あったじゃん。今と全然かわんないよ」と。
他の友達数人も、M君はスポーツ万能、リーダー的存在、モテモテ…等、私の記憶とはまったく違うことを言っていた。
その日はM君と会話することはなかった。

家に帰り、M君の写っている筈のクラス写真や、小学校の卒アルを探したが見つからない。
やっと見つけた一枚は、幼稚園の時の写真。小太りのM君。
母や姉にM君であることを確認し、印象を聞いてみると、私の記憶と同じ。

で、中学の友達に中学の卒アルを借りてきた。
そこには、同窓会で見たM君の面影があるカッコイイM君が写ってた。
私が最後に会ってから一年くらいしか経っていない写真なのに。
母や姉も、「これM君じゃないよ」と驚いていた。
そして、アルバムに書いてあったM君の寄せ書きの言葉は、
『俺は俺さ。約束だからな』だった。

他の友達に話したら、
「少し見ないうちに劇的にカッコ良くなっちゃう奴っているじゃん。それじゃないの?」って言われた。
でも、中学の友達との記憶の違いや、M君と最後に交わした会話が気になって、ついオカルト的のことを考えてしまう。

で、直接本人に聞こうと思っているんだけど、何て聞いていいか分からない。
突然「あんた、本物のM君?」て聞いたら変だしね。



転載元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part12