長くなるんですが、未だに何だったか分からない謎な体験です。

小5位の時でした。
日曜の夕方、通っていた小学校の校庭の砂場で弟と遊んでいました。
段々と辺りが暗くなって来て、そろそろ帰ろうかなと思い始めた時、
ふと見上げると、すぐ側に見知らぬおじいちゃんが立って居たんです。
すごくくたびれた国民服?と言うのか…カーキ色の服を着ていました。
足にはゲートルを巻いていて、帽子を被り、腰のベルトの所に巾着の様なものをぶら下げていたのも覚えて居ます。
おじいちゃんはにこにこと笑っていましたが、何故か白目ばかりで黒目が無い様な気がしました。

鮮明に覚えているのは、砂場に設置してあった鉄棒
(これは何故か異様に大きな鉄棒で、大人が手を伸ばしてやっと握れる様な高さにありました)
の上におじいちゃんが立って居て、
白目ばかりの目で笑いながら、サーカスの綱渡りの様に両手でバランスを取り、
膝を真っ直ぐ伸ばして歩いているシーンです。

子供心に異様さを感じた私は、立ち上がってダッシュし、
弟が乗ってきた自転車に飛び乗ると、一目散に逃げ帰りました。
弟は泣きながら必死に走って、後を追いかけてきました。(弟よスマン)

家に帰りつき、母がご飯の支度をしている間、
弟と私は「さっきのおじいちゃん怖かったねー」等と興奮しながら話し合っていました。
すると、玄関のチャイムが鳴りました。私達は何か嫌な予感を感じて、顔を見合わせました。
母が玄関に行きます。私達は玄関と居間を仕切るカーテンの隙間に隠れ、恐る恐るそれを見守りました。
母が玄関の扉を開けると、そこにはあのおじいちゃんが立っていました。
ついてきた!
恐怖の余り硬直している私達の耳に、
おじいちゃんが「ここは○田○子さんの家かね?」と訊く声が聞こえ、更に肝を潰しました。
それは間違いなく母の名前だったからです。

母が怪訝そうに「はぁ…そうですが…」と答える声を最後に、
その後の二人の会話は私達の元までは届きませんでした。
玄関先で10分位は立ち話をしていた様に思います。私は母が心配で心配でたまりませんでした。

やがておじいちゃんは帰り、母が居間に戻って来ました。
私達兄弟は母にすがりつき、今の人は誰?と問いただしました。
母はいつになく厳しい顔で、
「さぁ…でも、あの人は凄い業を持った人やね」とだけ呟いたのです。

あれから十年以上が経ちますが、未だにおじいちゃんの正体は分かりません。
不思議なのは、母はこの事をまったく覚えていないんです。
私も弟もはっきり覚えているのに。おじいちゃんは母の名前をはっきり言ったのに…。


転載元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part19