小学4,5年生の頃の話。

ある日、晩ご飯を食べて2階の自分の部屋に戻ったら、
勉強机の上に変な木彫りの小物が置いてあった。(大きさは4cmくらい)
何というか、あんまり趣味の良くない、民族的なものを感じさせる粗彫りで、
でかい顔に小さい手足が付いてる、みたいな見た目。
それが、今ここを歩いてました的なポーズで、ちょこんと置かれてた。
すぐに家族に誰が置いたのか聞いたけど、父母も祖父母も「知らない」と。
とても「可愛い!」なんてはしゃげる品物じゃないし、内緒にして喜ばせる類のものじゃなし、
結局誰がくれたのかまったく謎だった。
しかしなぜか、俺はそれに紐をつけてランドセルにぶら下げ、翌日からキーホルダーにしてしまった。
(友達から何それ?と大ブーイングだったのを覚えてる)

で、数日後。その木彫りさんはその前夜、確かにランドセルにくくり付けられていたのに、翌朝なくなっていた。
紐はきれいに解かれて、残されていた。
当時の俺はそれを見て、「ああ、木彫りさんは自分で紐解いて出て行ったんだな」と思った。
そう言えば、その前の朝や授業中なんかも、
木彫りさんを見るたびに、木彫りさんの手が不自然に紐に絡まってるのを見てたので。

家族もやっぱり知らないと言うし、子供の思い込みなのかもしれないが、
もし移動中にくくりつけちゃったのなら、悪いことしたなと今でも思うよ。



転載元:不可解な体験、謎な話~enigma~ Part30